NEWS / REPORT
《鳥獣戯画》4巻全場面を展示。東博で「国宝 鳥獣戯画のすべて」が開幕
東京・上野の東京国立博物館で特別展「国宝 鳥獣戯画のすべて」が開幕。《鳥獣戯画》4巻の全場面を一挙公開するというこれまでにない展覧会だ。
2021.4.12
REVIEW
「イルフ」が夢見た新しい芸術。 長谷川新評「ソシエテ・イルフは前進する 福岡の前衛写真と絵画」
福岡の美術の系譜のなかで特異な存在感を放つ前衛美術グループ「ソシエテ・イルフ」。その約30年ぶりとなる回顧展として、福岡市美術館では、イルフの視覚表現の広がりを感じさせる写真作品や絵画、そして各メンバーが作品を寄せたカメラ雑誌などの関連資料が一堂に会した。「イルフ」は何を目指して前進し、歩みを止めたのか。本展をインディペンデントキュレーターの長谷川新がレビューする。
2021.4.11
NEWS / MARKET
村上隆、NFT作品の出品を取り下げ。「再びNFTに挑戦したい」
初のNFT作品を「OpenSea」に出品し話題を呼んだ村上隆が、その出品を取り下げたことを発表した。
2021.4.11
NEWS / REPORT
静嘉堂文庫美術館、移転前最後の展覧会。国宝7点とともにその歴史をたどる
岩﨑彌之助(1851~1908)と岩﨑小彌太(1879~1945)の父子二代によって設立された世田谷区岡本の静嘉堂文庫美術館が、2022年に丸の内に移転する。その移転前最後の展覧会「旅立ちの美術」が始まった。
2021.4.11
NEWS / REPORT
和製ポップ・アートの魔術師。タイガー立石の大規模回顧展が千葉市美術館で開幕
和製ポップ・アートの先駆者のひとりであり、ナンセンスの「コマ割り絵画」シリーズなどで知られているアーティスト・タイガー立石(本名:立石紘一、1941〜1998)。その作品世界を総覧する大規模な展覧会「大・タイガー立石展 POP-ARTの魔術師」が、千葉市美術館でスタートした。
2021.4.11

LATEST NEWS

「イルフ」が夢見た新しい芸術。 長谷川新評「ソシエテ・イルフは前進する 福岡の前衛写真と絵画」

福岡の美術の系譜のなかで特異な存在感を放つ前衛美術グループ「ソシエテ・イルフ」。その約30年ぶりとなる回顧展として、福岡市美術館では、イルフの視覚表現の広がりを感じさせる写真作品や絵画、そして各メンバーが作品を寄せたカメラ雑誌などの関連資料が一堂に会した。「イルフ」は何を目指して前進し、歩みを止めたのか。本展をインディペンデントキュレーターの長谷川新がレビューする。

2021.4.11
INTERVIEW

NFTは未来か、バブルか。美術館では世界初のクリプトアート展を主催したキュレーターに聞く

世界の美術館では初めてクリプトアートにフォーカスした展覧会「Virtual Niche - Have you ever seen memes in the mirror?」が、中国・北京のUCCA Labで開催された。美術館でクリプトアート展を開催する意義や、NFTやクリプトアートの利点/問題点、そして未来とは? 同展の企画者である孫博涵(ソン・ボーハン)と王琴文(ワン・チンウェン)に聞いた。

2021.4.10

和製ポップ・アートの魔術師。タイガー立石の大規模回顧展が千葉市美術館で開幕

和製ポップ・アートの先駆者のひとりであり、ナンセンスの「コマ割り絵画」シリーズなどで知られているアーティスト・タイガー立石(本名:立石紘一、1941〜1998)。その作品世界を総覧する大規模な展覧会「大・タイガー立石展 POP-ARTの魔術師」が、千葉市美術館でスタートした。

2021.4.11

櫛野展正連載「アウトサイドの隣人たち」:紫煙の匂いが残る部屋の中で

ヤンキー文化や死刑囚による絵画など、美術の「正史」から外れた表現活動を取り上げる展覧会を扱ってきたアウトサイダー・キュレーター、櫛野展正。2016年4月にギャラリー兼イベントスペース「クシノテラス」を立ち上げ、「表現の根源に迫る」人間たちを紹介する活動を続けている。彼がアウトサイドな表現者たちに取材し、その内面に迫る連載。第39回は、成人向け雑誌を短冊状に切り、多量の喫煙具を自作し続けた半田和夫を紹介する。

アートの仕事図鑑:アートマーケットから美術史を編むオークショニア・塚田萌菜美(SBIアートオークション)

展覧会の運営、アートマーケットの運用、コレクターのサポートなど、アートに携わる様々な仕事を紹介する「アートの仕事図鑑」。SBIオークション株式会社でオークショニアとしてオークションの企画運営や進行を担当する塚田萌菜美に、仕事の内容ややりがいを聞く。

SERIES / BT ARCHIVES

人間からものへ、ものから場へ。李禹煥インタビュー(2011年3月号)

雑誌『美術手帖』の貴重なバックナンバー記事を公開。3月は、アンディ・ウォーホルからいまを生きるアーティストまで、現代美術のキーパーソンたちのインタビューや解説記事を掲載する。本記事では、2011年に行われた李禹煥のインタビューを公開。

2021.3.31

都市を変えるための場、そこにある即興の技術。Aokidインタビュー

現代美術の可能性を拡張するアーティストやスペース、プロジェクトを取り上げるシリーズ「美術の新たな目つきを探して」。第4回は、自身の作品制作と並行して、代々木公園を舞台とするパフォーマンスイベント「どうぶつえん」などを開催してきたダンサー・アーティストのAokidに話を聞いた。

INTERVIEW

「練習しててずっとできなかったことが急にできるようになる」。動きつづけることで生みだされる加藤泉の作品群

3月4日から4月17日まで、ニューヨークのローワーイーストサイドにあるペロタンギャラリーで個展を開催している加藤泉。ペインティングから木彫や石彫、ファブリックを吊る立体作品のインスタレーション、そして新しいプラモデルを取り入れた一連の作品を展示する本展は、ギャラリーでの展示としては加藤のキャリアでも史上最大規模のものだ。ニューヨークでは5年ぶりとなる個展のために、まだまだコロナの影響が残るニューヨークに滞在する加藤に話を聞いた。

2021.3.28

104のギャラリーが参加。アート・バーゼル香港2021が出展者リストを発表

今年5月19日〜23日の会期で開催されるアジア最大級のアートフェア「アート・バーゼル香港2021」(ABHK)が、出展ギャラリーのリストを発表した。23の国と地域から104のギャラリーが参加する今年のフェアは、渡航できないギャラリーに向けてのサテライトブースを設置しつつ、ライブ配信プログラム「アート・バーゼル・ライブ:香港」も実施する。

2021.4.8
PICK UP EXHIBITIONS

旅立ちの美術

静嘉堂文庫美術館|世田谷|東京
2021.04.10 - 05.09, 2021.05.11 - 06.06
前へ
次へ