NEWS / HEADLINE
トランプ大統領の別荘に金色の「壁」を。アメリカ・シカゴの建築家グループが625億円を目標にしたクラウドファンディングをスタート
アメリカ・シカゴを拠点に活動している建築家やデザイナーのグループ「New World Design」が、「U.S.-Mexico Border Wall: A Study in Absurdity(アメリカ−メキシコ国境の壁:不合理の研究)」を発表した。高さ約9メートルのピケットフェンスを打ち立てるこのプロジェクトは、現在のアメリカ政治情勢を皮肉たっぷりに批判するものだ。
2019.1.24
NEWS / EXHIBITION
浮世絵の歴史を網羅。日本初の「メアリー・エインズワース浮世絵コレクション」展が千葉市美術館を皮切りにスタート
アメリカ人の浮世絵コレクター、メアリー・エインズワースのコレクションを紹介する日本初の展覧会が、千葉市美術館で開催される。会期は4月13日〜5月26日。
2019.1.24
NEWS / HEADLINE
アートに限らずジャンル不問。グレゴール・シュナイダーとやなぎみわが参加するアート・プロジェクト「TRANS- 」が企画を募集中
今秋、神戸で開催される芸術祭「アート・プロジェクト:TRANS- 」が「パブリックプログラム」の企画を現在募集している。応募締切は1月31日。
2019.1.24
NEWS / EXHIBITION
キャンバスに現れる、意図と偶然性の融合。大庭大介の個展がガトーフェスタ ハラダ 本社ギャラリーで開催中
特殊なパール系の絵具を使い、光の移ろいや鑑賞者の位置によって表情を変える絵画を制作してきた大庭大介。その個展が、群馬・高崎市のガトーフェスタ ハラダ 本社ギャラリーにて開催されている。会期は2月3日まで。
2019.1.24
NEWS / EXHIBITION
「関係」と「想像としての批評」。河口龍夫が中原佑介の名を冠した個展をアートフロントギャラリーで開催
2011年に惜しまれつつこの世を去った美術評論家、中原佑介。その名を冠して、同時代に活動した作家・河口龍夫が個展「関係―中原佑介、あるいは創造としての批評」を東京・代官山のアートフロントギャラリーで開催する。会期は2月7日〜3月3日。
2019.1.24

LATEST NEWS

トランプ大統領の別荘に金色の「壁」を。アメリカ・シカゴの建築家グループが625億円を目標にしたクラウドファンディングをスタート

アメリカ・シカゴを拠点に活動している建築家やデザイナーのグループ「New World Design」が、「U.S.-Mexico Border Wall: A Study in Absurdity(アメリカ−メキシコ国境の壁:不合理の研究)」を発表した。高さ約9メートルのピケットフェンスを打ち立てるこのプロジェクトは、現在のアメリカ政治情勢を皮肉たっぷりに批判するものだ。

2019.1.24
REVIEW / PROMOTION

美と知の「還元」空間。森岡書店・森岡督行が見た「それを超えて美に参与する 福原信三の美学 Shinzo Fukuhara / ASSEMBLE, THE EUGENE Studio」

東京・銀座の資生堂ギャラリーでは2018年10月19日から2019年3月17日にかけて、2期にわたる開廊100周年記念展「それを超えて美に参与する 福原信三の美学 Shinzo Fukuhara / ASSEMBLE, THE EUGENE Studio」が開催されている。銀座という場所で100年続いてきた同ギャラリーのエッセンスが凝縮された本展を、同じく銀座で森岡書店を営む森岡督行が振り返る。

2018.12.27

「関係」と「想像としての批評」。河口龍夫が中原佑介の名を冠した個展をアートフロントギャラリーで開催

2011年に惜しまれつつこの世を去った美術評論家、中原佑介。その名を冠して、同時代に活動した作家・河口龍夫が個展「関係―中原佑介、あるいは創造としての批評」を東京・代官山のアートフロントギャラリーで開催する。会期は2月7日〜3月3日。

2019.1.24

《曜変天目茶碗》をはじめとする国宝9件が集結。奈良国立博物館で「国宝の殿堂 藤田美術館展-曜変天目茶碗と仏教美術のきらめき-」が開催へ

2000件にのぼる世界屈指の日本・東洋美術コレクションを有する大阪の藤田美術館。同館所蔵の《曜変天目茶碗》をはじめとする国宝9件、重要文化財約50件を紹介する展覧会「国宝の殿堂 藤田美術館展-曜変天目茶碗と仏教美術のきらめき-」 が、奈良国立博物館にて開催される。会期は4月13日〜6月9日まで。

2019.1.23
NEWS / PROMOTION

「美しい日常」を切り取った写真たち。森岡督行が、福原信三の『パリとセイヌ』を語る

東京・銀座の資生堂ギャラリーで現在開催中の、開廊100周年記念展「それを超えて美に参与する 福原信三の美学 Shinzo Fukuhara / ASSEMBLE, THE EUGENE Studio」。この関連企画として11月30日、森岡書店店主の森岡督行を迎えて、福原信三の初写真集『パリとセイヌ』のオリジナル版を鑑賞するイベントが開催された。本記事では、そのイベントの様子をお届けする。

2018.12.17

ギュスターヴ・モローの幻想世界。パナソニック 汐留ミュージアムで「ギュスターヴ・モロー展」が開催

フランス象徴主義を代表する画家、ギュスターヴ・モロー。その作品を、ギュスターヴ・モロー美術館の所蔵品から一堂に紹介する大規模展覧会「ギュスターヴ・モロー展 サロメと宿命の女たち」がパナソニック 汐留ミュージアムで開催される。会期は4月6日〜6月23日。

2019.1.23
INSIGHT / PROMOTION

武田砂鉄とナカムラクニオが語る、資生堂ギャラリー100年の歴史とこれから(後編)

東京・銀座の資生堂ギャラリーで開催中の開廊100周年記念展「それを超えて美に参与する 福原信三の美学 Shinzo Fukuhara / ASSEMBLE, THE EUGENE Studio」。この関連企画として11月22日、同ギャラリーで6次元主宰のナカムラクニオとライターの武田砂鉄、そして同ギャラリー学芸員の伊藤賢一朗によるトークイベント「福原信三の場づくりから考える、21世紀型サロン」が開催された。福原信三が行ってきた活動、そして資生堂ギャラリーの役割などについて語られた前半に続き、後編では「サロン」や銀座が持つ可能性について語られた。

2018.12.12

PICK UP EXHIBITIONS

不確定な未来へ前進する「UFO」的建築。 長谷川新評 ワルシャワ・アンダー・コンストラクション展

昨年で10回目を迎えた「ワルシャワ・アンダー・コンストラクション」展。ワルシャワとキエフの2会場で開催された本展は、移民問題や共産主義の歴史に揺れ動くポーランドの美術と社会のあり様をとらえるものであった。本展を、インディペンデント・キュレーターの長谷川新がレビューする。

2019.1.22
INSIGHT / PROMOTION

武田砂鉄とナカムラクニオが語る、資生堂ギャラリー100年の歴史とこれから(前編)

東京・銀座の資生堂ギャラリーで現在開催中のギャラリー開廊100周年記念展「それを超えて美に参与する 福原信三の美学 Shinzo Fukuhara / ASSEMBLE, THE EUGENE Studio」。この関連企画として11月22日、同ギャラリーで荻窪のブックカフェ「6次元」主宰のナカムラクニオとライターの武田砂鉄、そして同ギャラリー学芸員の伊藤賢一朗によるトークイベント「福原信三の場づくりから考える、21世紀型サロン」が開催された。その様子を、前後編でお届けする。

2018.12.8

大山エンリコイサムの個展「Kairosphere」がポーラ美術館で開催。横幅9メートルに及ぶ新作を初公開

グラフィティを起点に、独自のスタイルで制作を続けてきた大山エンリコイサム。その美術館初となる個展「Kairosphere」が、ポーラ美術館の現代美術展示スペース「アトリウム ギャラリー」におけるHIRAKU Projectの第8回目として行われる。会期は3月23日〜7月28日。

2019.1.22

鮮やかな原画で振り返るマンガ家・竹宮惠子の活動。画業50年を記念する展覧会が川崎市市民ミュージアムに巡回

代表作『風と木の詩』をはじめ、『地球(テラ)へ…』『天馬の血族』などで知られるマンガ家・竹宮惠子。その画業50年を記念する展覧会「竹宮惠子 カレイドスコープ 50th Anniversary」が、神奈川・川崎市市民ミュージアムに巡回する。会期は3月2日〜4月14日。

2019.1.21
SERIES

NEMIKA「根実花書簡」連載3: 歌人・穂村弘 × 写真家・川島小鳥

ファッションブランド「NEMIKA」による連載「根実花書簡」。現代を代表する歌⼈であり、ユーモア溢れるエッセイも⼈気の穂村弘が、気鋭の写真家たちの作品に、ことばを添える。連載第3回は、アート、音楽、ファッションなど様々な分野で活躍し、被写体の輝く一瞬をとらえる写真が人気の写真家・川島小鳥が登場。NEMIKAの象徴であるバラなどをモチーフに撮影した新作を発表する。

2018.12.1

毛利悠子、エマニュエル・レネも参加。水戸芸術館で特別企画「アートセンターをひらく」がスタート

「創作と対話」をテーマとした特別企画「アートセンターをひらく 第Ⅰ期」が、茨城県の水戸芸術館で開催される。同プログラムは、移り変わる今日の社会のなかで、「いまアートセンターに求められる役割は何か」を改めて探るもの。「滞在制作」「パブリック・プログラム」「カフェ」の3つの要素で構成される。会期は3月2日~5月6日。

2019.1.21
SERIES

ミヤギフトシ連載20:ミランダ・カーター『アントニー・ブラント伝』 窓の向こうと森の向こう

アーティストのミヤギフトシによるレビュー連載。第20回で取り上げるのは、ミヤギがサマセット・モームとともに、ロンドンでのリサーチ中に興味を抱いていたというイギリスの美術史家、アントニー・ブラントの伝記。それは今年ミヤギ自身が企画した「Closed Windows」展にもつながる。

2018.11.30