NEWS / REPORT
「Everything is a Museum」が問いかける美術館の存在。金沢11ヶ所でプロジェクトが展開
金沢市内のアートスペース11ヶ所を会場に、「Everything is a Museum」がスタートした。会期は6月21日まで。
2024.6.13
NEWS / EXHIBITION
写真家・ホンマタカシがとらえる難民の姿。「瀬戸内国際芸術祭2025」でUNHCRとコラボ
UNHCR(国連高等難民弁務官事務所)駐日事務所が、来年開催される「瀬戸内国際芸術祭2025」においてホンマタカシとコラボレーションし、難民一人ひとりの物語や旅路に焦点を当てた写真展を開催する。
2024.6.13
NEWS / EXHIBITION
「ヤノベケンジ:太郎と猫と太陽と」が岡本太郎記念館で開催。宇宙猫の物語が明らかに
美術家・ヤノベケンジによる企画展「ヤノベケンジ:太郎と猫と太陽と」が東京・青山の岡本太郎記念館で開催される。会期は7月12日〜11月10日。
2024.6.13
NEWS / EXHIBITION
SOMPO美術館で「フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線」が開催へ
東京・新宿のSOMPO美術館で、アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックの世界最大規模のコレクション、フィロス・コレクションからその作品を紹介する展覧会「フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線」が開催される。会期は6月22日~9月23日。
2024.6.13
REVIEW
虚無の声を「解毒」する複層性。池上裕子評「ホー・ツーニェン エージェントのA」展
東南アジアを中心とした歴史的言説や文化的アイデンティティを、主に映像インスタレーションで描き出すホー・ツーニェン。東京都現代美術館で開催中の個展「ホー・ツーニェン エージェントのA」展では、それぞれの展示室で上映される作品が、時間によって変化するような構成を展開。美術史家の池上裕子が、本展の構造を考察するとともに、作家の関心や問題意識について論じる。
2024.6.12

For Premium

PREMIUM
INTERVIEW

シャネルが運営する世界唯一の施設「シャネル・ネクサス・ホール」。そのアドバイザーとして、中国・北京の現代美術館「UCCA 現代アートセンター(UCCA Center for Contemporary Art)」でディレクターを務めるフィリップ・ティナリが就任した。ティナリが見据える、シャネル・ネクサス・ホールの新たな展開とは?

2024.6.9
PREMIUM
NEWS / REPORT

女性アーティストたちに改めて注目が集まるいま、テート・ブリテンでは16世紀から20世紀初頭までの女性アーティストたちの存在と軌跡を伝える「Now You See Us: Women Artists in Britain 1520-1920(ナウ・ユー・シー・アス:イギリスの女性アーティストたち 1520年〜1920年)」が開幕した。会期は10月13日まで。

2024.6.2
View More

Exhibitions

View More

Pick Up

View More

Interview

View More

Series

View More