×
INSIGHT
「積層」する、絵画と現実。
菅原伸也が見た、
「絵と、  vol.1 五月女哲平」展
東京国立近代美術館企画課長の蔵屋美香が通年を通してキュレーターを務める、「絵と、」シリーズ。「絵と」現実を、絵画ならではの方法で切り結ぼうとしている作家を選出する本シリーズの初回と...
2018.4.20
INSIGHT
「リアル」な絵画とは何か?
小金沢智が見た、
「リアル 最大の奇抜」展
迫真性にこだわらない伝統的な日本画。その手法は江戸時代に円山応挙らによって打ち破られる。応挙らが挑んだ、目に映るものを冷静に分析して描く「リアル」な江戸絵画に焦点を当てた展覧会、「...
2018.4.20
NEWS / EXHIBITION
冨井大裕が無印良品の商品で作品制作。ATELIER MUJIで「コンポジション —モノが持つルール—」展が開催
既成品を用いて作品制作を行っている彫刻家・冨井大裕が、東京・有楽町の無印良品内にある展示スペース「ATELIER MUJI」で、無印良品の商品を用いた作品を発表する。会期は2018...
2018.4.20
NEWS / EXHIBITION
絵画が見せる「自然」とは?
日・米・独から3名のペインターが
集まる展覧会が開催
ミニマルな絵画を追求するフランシス真悟、ペインターとしての活動に加え、社会的なプロジェクトにも取り組むクリスチャン・アヴァ、アメリカで独自の抽象画を展開したサム・フランシスの3人展...
2018.4.20
NEWS / EXHIBITION
この時代にアートは何ができるのか? 森美術館で「カタストロフと
美術のちから展」が開催
東日本大震災やアメリカ同時多発テロ、リーマンショックなど世界各地で絶えず発生するカタストロフ(=大惨事)。六本木ヒルズ・森美術館15周年記念展として、約40組の作品を通して...
2018.4.20
LATEST NEWS

最新ニュース