NEWS / REPORT
三菱一号館美術館で出会う近代美術の名品たち。「フィリップス・コレクション展」に見る美術館コレクション形成の歴史
アメリカ有数の私立コレクションとして知られる、フィリップス・コレクション。その所蔵品を紹介する展覧会「フィリップス・コレクション展」が三菱一号館美術館で開幕した。ドラクロワからクールベ、モネ、ゴーギャンなど近代の名品が揃う本展の見どころとは?
2018.10.16
NEWS / EXHIBITION
ターナーからアーツ・アンド・クラフツ運動まで。三菱一号館美術館で「ラファエル前派の軌跡」展が来春開催
1848年に結成されたラファエル前派同盟。彼らをいち早く擁護し、19世紀の英国美術の発展に大きな影響を与えた思想家、ジョン・ラスキンの生誕200年を記念した展覧会「ラファエル前派の軌跡」展が、東京・丸の内の三菱一号館美術館で開催される。会期は2019年3月14日〜6月9日。
2018.10.16
REVIEW
渦中の美術家が抱えていた現実。
長谷川新評「時代に生き、時代を超える 板橋区立美術館コレクションの日本近代洋画1920s-1950s」展
現在、群馬県立館林美術館では、関東大震災や金融恐慌、戦争を経験した作家に焦点を当てた展覧会「時代に生き、時代を超える 板橋区立美術館コレクションの日本近代洋画1920s-1950s」が開催されている。渦中を生きた作家たちははどのような現実を抱えていたのだろうか。この問いに対峙することを目指した本展を、インディペンデント・キュレーターの長谷川新がレビューする。
2018.10.16
NEWS / HEADLINE
「アップリンク吉祥寺」が12月14日にオープン。ユニークな特典のクラウドファンディングをチェック
渋谷の人気映画館・アップリンクが、パルコとの初の共同事業として、新たに「アップリンク吉祥寺」を12月14日にオープンする。吉祥寺パルコの地下2階にオープンする同館は、それぞれ異なるデザインコンセプトを持つ5つのミニシアターで構成。洗練された空間でプレミアムな鑑賞体験を楽しむことができる。また開業に先立って、ユニークな特典付きのクラウドファンディングが実施されている。
2018.10.16
NEWS / EXHIBITION
超移動社会は建築に何をもたらすのか? 建築倉庫ミュージアムで「Nomadic Rhapsody」が開催
東京・天王洲にある建築倉庫ミュージアムで、複数の建築家による海外プロジェクトの模型作品を中心に紹介する「Nomadic Rhapsody –“超移動社会”がもたらす新たな変容-」が開催される。会期は10月21日〜2019年1月14日。
2018.10.16

LATEST NEWS

三菱一号館美術館で出会う近代美術の名品たち。「フィリップス・コレクション展」に見る美術館コレクション形成の歴史

アメリカ有数の私立コレクションとして知られる、フィリップス・コレクション。その所蔵品を紹介する展覧会「フィリップス・コレクション展」が三菱一号館美術館で開幕した。ドラクロワからクールベ、モネ、ゴーギャンなど近代の名品が揃う本展の見どころとは?

2018.10.16

ターナーからアーツ・アンド・クラフツ運動まで。三菱一号館美術館で「ラファエル前派の軌跡」展が来春開催

1848年に結成されたラファエル前派同盟。彼らをいち早く擁護し、19世紀の英国美術の発展に大きな影響を与えた思想家、ジョン・ラスキンの生誕200年を記念した展覧会「ラファエル前派の軌跡」展が、東京・丸の内の三菱一号館美術館で開催される。会期は2019年3月14日〜6月9日。

2018.10.16

渦中の美術家が抱えていた現実。 長谷川新評「時代に生き、時代を超える 板橋区立美術館コレクションの日本近代洋画1920s-1950s」展

現在、群馬県立館林美術館では、関東大震災や金融恐慌、戦争を経験した作家に焦点を当てた展覧会「時代に生き、時代を超える 板橋区立美術館コレクションの日本近代洋画1920s-1950s」が開催されている。渦中を生きた作家たちははどのような現実を抱えていたのだろうか。この問いに対峙することを目指した本展を、インディペンデント・キュレーターの長谷川新がレビューする。

2018.10.16

「アップリンク吉祥寺」が12月14日にオープン。ユニークな特典のクラウドファンディングをチェック

渋谷の人気映画館・アップリンクが、パルコとの初の共同事業として、新たに「アップリンク吉祥寺」を12月14日にオープンする。吉祥寺パルコの地下2階にオープンする同館は、それぞれ異なるデザインコンセプトを持つ5つのミニシアターで構成。洗練された空間でプレミアムな鑑賞体験を楽しむことができる。また開業に先立って、ユニークな特典付きのクラウドファンディングが実施されている。

2018.10.16
NEWS / PROMOTION

抽象画の禅師、蘇笑柏(ス・シャオバイ)の日本初個展。兵庫県立美術館で発表された新作が示す美学とは?

10月12日、抽象画家、蘇笑柏(ス・シャオバイ)の初日本個展「無時無刻―いつ、いかなる時も―蘇笑柏展」が、西日本最大級の展示スペースを誇る兵庫県立美術館でスタートした。豊田啓介が設計した展示空間と蘇が独特な素材を用いて制作した作品がコラボレーションする展示を、レポートで紹介する。

2018.10.13

『ゴジラ』から『シン・ゴジラ』まで。「特撮のDNA」展で怪獣映画史の奥深さをたどる

「特撮のDNA」展は、日本が世界に誇る独自の文化「特撮(特殊撮影)」とその継承者たち、造形の技に着目した展覧会だ。同展はこれまでに福島、佐賀、明石を巡回。そして今回、東京都大田区の日本工学院専門学校内「ギャラリー鴻」で、東京展が開催されることが決定した。「映画の街」として知られる大田区での開催に期待が高まる。会期は12月19日~2019年1月27日。

2018.10.16

『フランダースの犬』でもおなじみ。国立西洋美術館で「ルーベンス展―バロックの誕生」が開幕

壮麗華美な美術様式「バロック」が栄えた17世紀ヨーロッパを代表する画家、ペーテル・パウル・ルーベンス。後に「王の画家にして画家の王」と呼ばれたルーベンスを、イタリアとの関わりに焦点を当て紹介する展覧会「ルーベンス展―バロックの誕生」が国立西洋美術館にて10月16日から2019年1月20日まで開催される。近年では国内過去最大規模となるルーベンス展を、レポートで紹介する。

2018.10.15

「ロエベ クラフト プライズ 2017」で大賞を受賞したアーティスト。エルンスト・ガンペールの個展がARTS&SCIENCEで開催

世界的アーティスト、エルンスト・ガンペールの個展「Ernst Gamperl 3rd Exhibition」が、東京のAT THE CORNERと京都の& SHOP KYOTOの2ヶ所で同時開催される。本展では、大きめのオブジェをはじめ独創的な表情に富んだ作品の数々を見ることができる。会期は10月26日~11月11日。

2018.10.15
SERIES

NEMIKA「根実花書簡」連載2: 歌人・穂村弘 × 写真家・濱田祐史

ファッションブランド「NEMIKA」による連載「根実花書簡」。現代を代表する歌⼈であり、ユーモア溢れるエッセイも⼈気の穂村弘が、気鋭の写真家たちの作品に、ことばを添える。連載第2回は、日常を再解釈しユニークな視点で切り取る写真家・濱田祐史が、「36 lights #05 A way to the Atelier de Cezanne」と題し、画家・セザンヌが暮らした街を撮影したシリーズを発表する。

2018.10.1

「絵画」と「写真」の関係性に新風を。今日のアートシーンを担う7名の画家が写真作品を発表

写真があふれている現代社会のなかで、いまを生きる画家たちは、どのように写真と向き合うのだろうか。そういった問いにアプローチする展覧会「画家の写真展」が、京都のアーティストランスペース「soda」で開催される。本展では、今日のアートシーンを担う7名の画家の「写真作品」を見ることができる。開催日は11月10日~12日。

2018.10.15

モントリオール発、世界最先端のデジタルアート+電子音楽の祭典。「MUTEK.JP 2018」が都内3ヶ所で開催!

2000年よりカナダ・モントリオールでスタートし、現在世界7都市で展開するデジタルアートと電子音楽の祭典「MUTEK」。東京では3度目の開催となり、約50組が作品発表やパフォーマンスなどを行う「MUTEK.JP 2018」の内容を紹介する。会期は11月1日〜4日の3日間。

2018.10.15

資料館でアートを発表したらどうなる? ウールズィー・ジェレミ―評「パープルーム大学附属ミュージアムのヘルスケア」展

梅津庸一が主宰する美術の共同体「パープルーム」が現代美術とそれに隣接する領域に携わっている人々の作品を収集し、茨城県常陸太田市の郷土資料とともに展示する展覧会「パープルーム大学附属ミュージアムのヘルスケア」が、茨城県常陸太田市郷土資料館梅津会館で開催された。この展覧会を、90年代以降の美術批評を専門とする東京藝術大学大学院生のウールズィー・ジェレミ―が読み解く。

2018.10.14
INTERVIEW / PROMOTION

ひとりの女優の“ある変化”を追ったドキュメンタリー映画を発表。山本卓卓が語る「演劇ではできないこと」とは?

パフォーミング・アーツの祭典「フェスティバル/トーキョー」で、演出家・劇作家の山本卓卓(やまもと・すぐる)が映画を発表する。主宰する劇団・範宙遊泳の演劇作品では、プロジェクションを操り、生身の俳優との掛け合いを通して、独特の情感あふれる世界を繰り広げる山本。日頃から映像と演劇について考える機会が多いであろう彼が、映画をどうとらえ、今回どのような映像作品をもくろんでいるのか。話を聞いた。

2018.9.26

PICK UP EXHIBITIONS

時代やジャンルを超越するアートとは。リチャード・タトル展「8, or Hachi」が小山登美夫ギャラリーで開催

リチャード・タトルの個展「8, or Hachi」が、東京・六本木の小山登美夫ギャラリーで開催される。本展では8点の新作を紹介。ドローイングや絵画と立体の間を揺れ動くような、タトルの自由な作品世界を楽しむことができる。会期は10月20日〜11月17日。

2018.10.14
SERIES

NEMIKA「根実花書簡」連載1: 歌人・穂村弘×写真家・新津保建秀

ファッションブランド「NEMIKA」による新連載「根実花書簡」の第1回。現代を代表する歌⼈であり、ユーモア溢れるエッセイも⼈気の穂村弘が、気鋭の写真家たちの作品に、ことばを添える。連載第1回は、写真家・新津保建秀が「眼で触れる」をテーマに撮影した写真とコラボレーションする。

2018.8.1

舘鼻則孝が個展「Beyond the Vanishing Point」で新作を発表。日本屈指の刀匠とのコラボレーションも

レディー・ガガ専属のシューメイカーとして脚光を浴びて以来、多様な表現活動を行ってきた舘鼻則孝。今回、東京・天王洲のKOSAKU KANECHIKAで開催される個展「Beyond the Vanishing Point」では、代表作であるヒールレスシューズ、ヘアピンシリーズの新作のほか、日本屈指の刀匠として知られる河内國平とのコラボレーションにより制作された彫刻作品を見ることができる。会期は10⽉20⽇〜12⽉1⽇。

2018.10.14

曾我蕭白や高橋由一、原田直次郎も。「藝大コレクション展」で日本美術の名品を通覧する

上野の東京藝術大学大学美術館で「藝大コレクション展 2018」が開催されている。本展では、曾我蕭白や高橋由一、原田直次郎など、日本美術を代表する作家の名品に加えて、柴田是真《明治宮殿千種之間天井綴織下図》のお披露目が行われる。会期は11月11日まで。

2018.10.13

シリーズ:これからの美術館を考える(6) ブロックバスター展は善か、悪か

5月下旬に政府案として報道された「リーディング・ミュージアム(先進美術館)」構想を発端に、いま、美術館のあり方をめぐる議論が活発化している。そこで美術手帖では、「これからの日本の美術館はどうあるべきか?」をテーマに、様々な視点から美術館の可能性を探る。第6回は、約5年間国立新美術館で共催展に携わり、現在は金沢21世紀美術館で学芸員を務める横山由季子による寄稿をお届けする。

SPECIAL / PROMOTION

「ピカソが僕を変えた」 横尾忠則、ピカソを語る。

2017年度エミー賞で10部門にノミネートされた『ジーニアス:世紀の天才アインシュタイン』に続く、ナショナル ジオグラフィック製作のオリジナル・ドラマ『ジーニアス』シリーズの第2弾『ジーニアス:ピカソ』が7月29日より放送される。今回のテーマは、20世紀を代表する世界的な天才画家パブロ・ピカソ。芸術を愛し、女性を愛し、自由を愛したピカソについて、ピカソと出会ったことで「画家宣言」を行った横尾忠則が語り尽くす。

2018.7.23

カプーアの新作個展が招く、おおいたの多様な文化。「おおいた大茶会」をレポート

大分県全域を舞台に11月25日まで開催中の「おおいた大茶会」とは、第33回国民文化祭・おおいた2018、そして第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会の総称だ。そのリーディング事業として別府で行われる「アニッシュ・カプーア in BEPPU」を筆頭に、「おおいた大茶会」の取り組みの一部をレポートで紹介する。

2018.10.13

クリムトは47点が来日。ウィーン世紀末文化を包括的に紹介する「ウィーン・モダン」展の内容が明らかに

19世紀末から20世紀初頭にかけて独自の文化が開花したウィーン。グスタフ・クリムトやエゴン・シーレらが活躍したこの黄金期と世紀末美術が誕生するまでの過程に焦点を当てた「ウィーン・モダン」展が2019年4月24日より国立新美術館で開幕する。

2018.10.12