NEWS / HEADLINE
コロナ禍への新提案を募集。川村文化芸術振興財団による「ソーシャリー・エンゲイジド・アート(SEA)支援助成」をチェック
川村文化芸術振興財団が、2021年度「ソーシャリー・エンゲイジド・アート(SEA)支援助成」の公募を開始した。現在の新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑み、本年度に限り「コロナ禍におけるソーシャリー・エンゲイジド・アートプロジェクト」をテーマとしたプロジェクトのアイデアを募集している。
2020.8.10
NEWS / EXHIBITION
「ヒロシマ・アピールズ展2020」が京都とウィーンで開催中。渡邉良重による最新ポスター《いのち》に注目
平和の尊さを訴えるポスターを制作し、国内外に広く発信する「ヒロシマ・アピールズ」。シリーズ23作目となる2020年版のポスターは、渡邉良重の《いのち》に決定。現在、京都とウィーンの2会場で開催中の「ヒロシマ・アピールズ展2020」では、1989年発表の第1作から渡邉が手がけた今年度版までの全23作品を見ることができる(京都展〜9月6日、ウィーン展〜9月13日)。
2020.8.10
NEWS / EXHIBITION
オンラインでも鑑賞できる。第23回文化庁メディア芸術祭の受賞作品展が開催へ
アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門に、世界107の国と地域から3566作品の応募があった「第23回文化庁メディア芸術祭」。厳正なる審査を経て選ばれた受賞作品と功労賞受賞者の功績などを紹介する受賞作品展が、東京・お台場の日本科学未来館で開催される。会期は9月19日~27日。
2020.8.10
INSIGHT
「彫刻」や「展覧会」の可能性と不自由さを問う。タマビ「バーチャル彫刻展」の試み
多摩美術大学彫刻学科が、興味深い試みをスタートさせた。「バーチャル彫刻展」は、現実では実現不可能な作品を含めて、学生が様々な彫刻作品をバーチャル空間に展示するというもの。本展を企画した高嶺格と木村剛士、そして監修した谷口暁彦に話を聞いた。
2020.8.9
NEWS / EXHIBITION
5人のアーティストがキュレーションする現代美術展。「荒れ地のアレロパシー」が日本橋三越で開催
日本橋三越本店の現代美術ギャラリー・MITSUKOSHI CONTEMPORARY GALLERYで、5人のアーティスト(黒坂祐、石毛健太、布施琳太郎、鈴木操、齋藤恵汰)がキュレーションをする展覧会「荒れ地のアレロパシー」を開催される。会期は8月12日〜8月24日。
2020.8.9

LATEST NEWS

コロナ禍への新提案を募集。川村文化芸術振興財団による「ソーシャリー・エンゲイジド・アート(SEA)支援助成」をチェック

川村文化芸術振興財団が、2021年度「ソーシャリー・エンゲイジド・アート(SEA)支援助成」の公募を開始した。現在の新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑み、本年度に限り「コロナ禍におけるソーシャリー・エンゲイジド・アートプロジェクト」をテーマとしたプロジェクトのアイデアを募集している。

2020.8.10

「ヒロシマ・アピールズ展2020」が京都とウィーンで開催中。渡邉良重による最新ポスター《いのち》に注目

平和の尊さを訴えるポスターを制作し、国内外に広く発信する「ヒロシマ・アピールズ」。シリーズ23作目となる2020年版のポスターは、渡邉良重の《いのち》に決定。現在、京都とウィーンの2会場で開催中の「ヒロシマ・アピールズ展2020」では、1989年発表の第1作から渡邉が手がけた今年度版までの全23作品を見ることができる(京都展〜9月6日、ウィーン展〜9月13日)。

2020.8.10

オンラインでも鑑賞できる。第23回文化庁メディア芸術祭の受賞作品展が開催へ

アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門に、世界107の国と地域から3566作品の応募があった「第23回文化庁メディア芸術祭」。厳正なる審査を経て選ばれた受賞作品と功労賞受賞者の功績などを紹介する受賞作品展が、東京・お台場の日本科学未来館で開催される。会期は9月19日~27日。

2020.8.10

ゴッホの《ひまわり》はなぜ名作と呼ばれるのか? ゴーギャンとの出会いがもたらしたもの

フィンセント・ファン・ゴッホを代表する連作「ひまわり」。そのうちの1点が、国立西洋美術館の「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」で展示されている。ゴッホが描く「ひまわり」はなぜ「名作」なのか? 複数の「ひまわり」を比較し、考察する(本稿掲載のロンドン版《ひまわり》以外は、「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」には出品されていない)。

2020.8.8

2020年上半期、世界主要オークションハウスの売上高は昨年比50パーセント減。オンラインは500パーセント増

アート市場分析会社「ArtTactic」が7月に発表したレポートによると、2020年上半期の世界主要オークション売上高が28億8000万ドル(約3063億円)で、昨年比約50パーセント減となった。しかし、オンライン・セールの売上高は約500パーセント増で4億1260万ドル(約436億円)。新型コロナの影響が如実に現れている。

2020.8.7

パリで話題となった展覧会が凱旋。「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020」展の見どころとは?

日本のマンガ・アニメ・ゲーム・特撮作品に焦点を当てる展覧会「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020」展が、東京・六本木の国立新美術館で開催される(8月12日~11月3日)。本展は、2018年冬にパリのラ・ヴィレットで開催され、31日間で3万人以上を動員した「MANGA⇔TOKYO」展の凱旋展だ。

2020.8.6
INSIGHT

まとめ:全国の美術館・博物館の再開状況

新型コロナウイルスの影響を受け、各地で臨時休館となっていた美術館・博物館。一部の県での制限緩和などを受け、様々な対策を講じたうえで再開を始めた館をまとめた(6月5日最終更新)。

2020.5.9
PICK UP EXHIBITIONS
残り4日

nullus

THE CLUB|丸の内 - 銀座|東京
2020.07.27 - 08.14
前へ
次へ

天王洲のTERRADA Art Complexに新スペース「MAKI」が誕生。コレクション展示と企画展スペースで構成

東京・天王洲にあるTERRADA Art Complexの1階に9月5日、新スペース「MAKI」がオープンする。東京・表参道でMAKI GALLERYを手がける株式会社MAKIが運営し、代表の牧正大のコレクションを展示する「MAKI Collection」と、新作を中心にした企画展を開催する「MAKI GALLERY」で構成される。

2020.8.6

五木田智央、小林健太、横田大輔ら参加。「G/P+abp」とFUJI XEROXの協働による写真集の新プロジェクトとは?

若手写真アーティストの発掘やサポート、プロデュースに注力してきた「G/P+abp」。現在、FUJI XEROXとのコラボレーションによって出版する写真集のニュープラットフォーム・プロジェクト「NEOTOKYOZINE」の展覧会が、東京・恵比寿のPOSTで開催されている。会期は8月30日まで。

2020.8.6

約100万点の日本文化関連資料がオンラインで公開。自分だけのバーチャル・ミュージアムもつくれる

世界中の美術館、博物館、図書館などで公開されている日本文化に関連するデジタル資料をオンラインで検索できるサービス「Cultural Japan」が、8月1日に公開された。約100万点のデジタル資料を閲覧できるほか、自分だけのバーチャル・ミュージアムをつくることもできる。

2020.8.5
INSIGHT

「見る」「買う」「学ぶ」。自宅でアートを楽しむ方法まとめ

新型コロナウイルスの影響により、美術館の休館やアートイベントの中止・延期が相次ぎ、政府は不要不急の外出を控えるよう要請している。こうした状況のなかでも自宅でアートを楽しむことができる方法を、これまでウェブ版「美術手帖」に掲載した記事のなかからまとめて紹介する。

2020.4.4