PREMIUM
INSIGHT
文化庁メディア芸術祭終了の問題点と今後への提案:草原真知子
次年度の作品募集を行わないことを発表した「文化庁メディア芸術祭」。その開催中止決定までの経緯における問題点や、メディア・アート分野への影響、今後への提言などを、同祭に初期から携わってきた功労者のひとり、早稲田大学文学学術院・名誉教授の草原真知子に話を聞いた。
2022.11.27
PREMIUM
SERIES / 山本浩貴連載:10ヶ月で学ぶ現代アート
10ヶ月で学ぶ現代アート 第4回:「現代アート」と「近代美術」の違いは?──現代アートの「特性」
文化研究者であり、『現代美術史──欧米、日本、トランスナショナル』や『ポスト人新世の芸術』などの著書で知られる山本浩貴が、現代アートの「なぜ」を10ヶ月かけてわかりやすく解説する連載。第4回は、曖昧なようで確かに存在する「現代アート」と「近代美術」の線引きを、理論面から解説する。
2022.11.27
SERIES / 美術分野における報酬ガイドラインを考える
art for allが目指す「アーティスト報酬ガイドライン」の制定。実現に向けた座談会(前編)
美術に特化した支援策を求めるために生まれた美術のつくり手と担い手によるネットワーク「art for all」。同団体は美術関係者の労働状況の改善のため、実態把握のためのアンケートの実施や、アーティスト報酬のためのガイドラインの策定、労働組合などの連帯組織の結成といった計画を進めている。art for allの協力のもと、美術分野における報酬ガイドラインの策定に向けた検討の道筋を追う本連載。第1回は策定に向けた座談会を前後編でお届けする。
2022.11.26
NEWS / HEADLINE
奈良美智とステラ マッカートニーが再コラボ。日本限定バッグも展開
2021年春夏の初コラボレーションに続き、奈良美智とステラ マッカートニーが2023年春夏、再びタッグを組み、ユニセックス カプセルコレクションを展開。12月2日、ステラ マッカートニー青山本店にて発売がスタートする。
2022.11.26
NEWS / REPORT
ミニの女王、マリー・クワント。日本初の回顧展でたどるその軌跡
丈も時代も変えた「ミニの女王」と称されるファッション・デザイナー、マリー・クワント。その日本初の回顧展「マリー・クワント展」がBunkamura ザ・ミュージアムで始まった。
2022.11.26

LATEST NEWS

art for allが目指す「アーティスト報酬ガイドライン」の制定。実現に向けた座談会(後編)

美術に特化した支援策を求めるために生まれた美術のつくり手と担い手によるネットワーク「art for all」。同団体は美術関係者の労働状況の改善のため、実態把握のためのアンケートの実施や、アーティスト報酬のためのガイドラインの策定、労働組合などの連帯組織の結成といった計画を進めている。art for allの協力のもと、美術分野における報酬ガイドラインの策定に向けた検討の道筋を追う本連載。第1回は策定に向けた座談会を前後編でお届けする。

PREMIUM

文化庁メディア芸術祭終了の問題点と今後への提案:草原真知子

次年度の作品募集を行わないことを発表した「文化庁メディア芸術祭」。その開催中止決定までの経緯における問題点や、メディア・アート分野への影響、今後への提言などを、同祭に初期から携わってきた功労者のひとり、早稲田大学文学学術院・名誉教授の草原真知子に話を聞いた。

2022.11.27

art for allが目指す「アーティスト報酬ガイドライン」の制定。実現に向けた座談会(前編)

美術に特化した支援策を求めるために生まれた美術のつくり手と担い手によるネットワーク「art for all」。同団体は美術関係者の労働状況の改善のため、実態把握のためのアンケートの実施や、アーティスト報酬のためのガイドラインの策定、労働組合などの連帯組織の結成といった計画を進めている。art for allの協力のもと、美術分野における報酬ガイドラインの策定に向けた検討の道筋を追う本連載。第1回は策定に向けた座談会を前後編でお届けする。

PREMIUM
SERIES / 山本浩貴連載:10ヶ月で学ぶ現代アート

10ヶ月で学ぶ現代アート 第4回:「現代アート」と「近代美術」の違いは?──現代アートの「特性」

文化研究者であり、『現代美術史──欧米、日本、トランスナショナル』や『ポスト人新世の芸術』などの著書で知られる山本浩貴が、現代アートの「なぜ」を10ヶ月かけてわかりやすく解説する連載。第4回は、曖昧なようで確かに存在する「現代アート」と「近代美術」の線引きを、理論面から解説する。

2022.11.27

ネコ画家ルイス・ウェインの生涯を通じて描く「人と人とのつながり」。ウィル・シャープ監督インタビュー

ネコの魅力を最初に発見し、夏目漱石にも影響を与えたと言われているイギリスの画家、ルイス・ウェイン。生涯妻を愛し、ネコを描き続けたというその画家の数奇な人生を追う映画『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』が12月1日より公開される。監督・脚本を務めたウィル・シャープに見どころについて話を聞いた。

2022.11.26

「BETTY CATROUX - YVES SAINT LAURENT 唯一無二の女性展」が開催中。盟友ベティ・カトル―が伝えるイヴ・サンローランの精神とは

イヴ・サンローランの唯一無二の片割れであり、そのクリエイションに多大な影響を与えたベティ・カトルー。その存在に焦点を当てた展覧会「BETTY CATROUX - YVES SAINT LAURENT 唯一無二の女性展」が東京・天王洲の寺田倉庫で開催中。そのハイライトをレポートする。会期は12月11日まで。

2022.11.25

パフォーマンス分野の若手アーティストをサポート。世田谷美術館が新企画「Performance Residence in Museum 2022-23」を実施

身体表現やパフォーマンス表現を行う若手アーティストを対象としたアーティスト・イン・レジデンス(AIR)プログラム。その新企画「Performance Residence in Museum 2022-23」が実施される。2022年度は滞在アーティストに作曲家・演出家の額田大志が選出され、世田谷美術館において「ボーダレスな音」をキーワードに様々なリサーチや実験が行われるという。

2022.11.25
PREMIUM
INSIGHT

なぜメガギャラリーは“企業化”を進めるのか? 欲望を掻き立てるアートと高級品の蜜月

今年10月、フランスに本拠を置く世界最大の高級品会社・LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)が、メガギャラリーのガゴシアンへの出資を検討していることが海外のメディアによって報じられた。その後、ガゴシアンはその噂を否定したが、高級品会社とアート業界が融合する傾向は否定できない。このことが示唆するアートマーケットの変化を、ロサンゼルス在住のアートマーケットのジャーナリストであるCheyenne Assilが解説する。

2022.11.23

【DIALOGUE for ART Vol.10】恵まれた環境とアートを生活の一部に組み込むことでいまがある。「独立」までのふたりの歩み

「OIL by 美術手帖」がお送りする、アーティストの対談企画。今回は岡田佑里奈と松岡柚歩が登場。岡田は松岡よりひとつ上の学年で、京都芸術大学の学部時代に顔見知りとなり、現在はアトリエをシェアしながら切磋琢磨している。性格は正反対ながら仲の良いふたりに、おたがいの作品とこれまでの軌跡について語ってもらった。

2022.11.25

片岡真実、金澤韻、服部浩之が学生とつくりあげる学生選抜展。国立新美術館で開催へ

京都芸術大学と東北芸術工科大学の学生選抜展「DOUBLE ANNUAL 反応微熱—これからを生きるちから—」が、国立新美術館にて開催される。総合ディレクターに片岡真実(森美術館館長)を迎え、キュレーションは金澤韻と服部浩之が共同で行う。会期は2023年2月25日〜3月5日。

2022.11.25
PREMIUM
SERIES / Curator's Voice

いま、イヴ・クライン展を行う意義とは。担当学芸員・黒沢聖覇が語るクラインの時を超える想像力

美術館の学芸員(キュレーター)が、自身の手がけた展覧会について語る「Curator's Voice」。第12回は、イヴ・クラインの作品を中心に、同時代の作家や現代の作家たちに共通する「非物質性」を探求する展覧会「時を超えるイヴ・クラインの想像力―不確かさと非物質的なるもの」(金沢21世紀美術館)を担当した学芸員のひとり、黒沢聖覇がクラインの制作や日本で本展を開催する意義について語る。

2022.11.19
PICK UP EXHIBITIONS
前へ
次へ

東京都人権部による飯山由貴の映像作品検閲問題。都議会議員らが意見交換

東京都人権プラザの主催事業として開催されているアーティスト・飯山由貴の企画展「あなたの本当の家を探しにいく」。この展示の附帯事業として上映とトークが予定されていた映像作品《In-Mates》(2021)に対し、東京都人権部が作品上映を禁止する判断を下した。この「検閲」に対し、11月22日、東京都議会の会議室にて飯山由貴、FUNI(ラッパー/詩⼈)、外村⼤(東京⼤学教員)が登壇し、都議会議員向けの上映会と意見交換会が行われた。

2022.11.23

アメリカで愛された国民的画家。バーニー・フュークスの生誕90年記念展が代官山で開催

イラストレーション、肖像画、絵本、スポーツアートなど幅広く手がけ、“バーニー”の愛称で親しまれてきたアメリカの巨匠画家・バーナード・フュークス。その生誕90年の節目となる今年、代官山ヒルサイドフォーラムにて原画展が開催される。会期は12月6日~11日。

2022.11.22

来春開幕「マティス展」の詳細発表。東京都美術館に日本初公開作品を含む約150点集結

20世紀美術を代表するフランスの画家で、フォーヴィスム(野獣派)のリーダーとして脚光を浴びたアンリ・マティス(1869〜1954)。その日本では約20年ぶりとなる大規模な回顧展が、ポンピドゥー・センターの全面的協力を受けて、東京都美術館で開催される。会期は2023年4月27日〜8月20日。

2022.11.22
PREMIUM
INSIGHT

ロートレックとミュシャ。ポスターを芸術へと昇華させたふたりのアーティスト

モンマルトルに身をおき、華やかな夜の文化とその舞台裏とを見つめ、描いた、アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックと、優美な女性像で一世を風靡した「アール・ヌーヴォーの旗手」アルフォンス・ミュシャ。ともに「ベル・エポック」期のパリでポスター画家としてデビューし、ポスターそのものの地位を「芸術」へと引き上げた存在だ。今回は、大阪中之島美術館の「ロートレックとミュシャ」展出品作とともに、ふたりのデビューに始まる軌跡をたどってみたい。

2022.11.19

国内最大級の学生向けアートアワード「CAF賞2022入選作品展」が代官山で開催へ。ファイナリスト13名の作品が集う

「CAF賞」は前澤友作が会長を務める現代芸術振興財団によって、全国の学生を対象に実施されてきたアートコンペディション。9回目を迎える今年は13名のファイナリストが選出され、その入選作品を展示する「CAF賞2022入選作品展」が東京・代官山で開催される。会期は11月29日〜12月4日。

2022.11.22
PREMIUM
INSIGHT

那須で行くべき美術館はここ。有名温泉街で癒やしのひとときを

雄大な茶臼岳を望む国内有数の温泉地であり、多くの宿泊地や別荘、殺生石といった史跡で知られる那須高原。観光地として多くの人々が訪れるこの地域にあるおすすめの美術館をピックアップした。観光の際にはぜひ参考にしてもらいたい。

2022.11.12