INSIGHT
まとめ:3度目の緊急事態宣言による美術館・博物館休館/再開情報
4月25日から始まる3度目の緊急事態宣言を受けて休館する美術館・博物館をまとめました(随時更新予定)。なお最新の情報は各館公式サイトをご確認ください。
2021.5.11
NEWS / MARKET
草間彌生が医師に贈った最初期作品11点が約17億円で落札。予想落札価格の約2倍に
草間彌生が友人の医師・廣瀬輝夫に贈った11点の最初期作品が5月12日に合計約1523万ドル(約16億6600万円)で落札され、事前の予想落札価格880万ドルのほぼ2倍となった。
2021.5.15
SERIES / Weekly Global Art Market
週刊「世界のアートマーケット」:草間彌生が医師に贈った作品の競売結果から約13億ドルで終えたオークションハウスの春季セールまで
5月8日〜14日に世界の主要メディアで取り上げられた、アートマーケットに関するニュースをまとめてお届けする。
2021.5.15
INTERVIEW
不完全性を可能性に変えるデザインとアート思考とは? 中野信子×宮前義之×中里唯馬
ファッション界で注目を集めるふたつのブランド、「A-POC ABLE ISSEY MIYAKE」「TYPE-1 ATLAS Collection」。それぞれのデザイナーである宮前義之と中里唯馬とともに、脳科学者の中野信子を加えた鼎談を実施。「不確実性の時代」におけるファッションの役割や、人間の身体の不完全性に見るファッションの可能性について語り合った。
2021.5.15
INTERVIEW / PROMOTION
アーティゾン美術館コレクションの「コア」に迫る
開館から1年4ヶ月が経ったアーティゾン美術館(東京・京橋)の大規模コレクション展第2弾「STEPS AHEAD:Recent Acquisitions 新収蔵作品展示」が好評だ。5年間の建て替え休館中に新たに収集した作品より、初公開の約100点を含む約200点を披露し、若い層も引き寄せている。拡張しつつ前進するコレクションの現在形を、本展を企画した新畑泰秀学芸課長に聞いた。
2021.5.15

LATEST NEWS

不完全性を可能性に変えるデザインとアート思考とは? 中野信子×宮前義之×中里唯馬

ファッション界で注目を集めるふたつのブランド、「A-POC ABLE ISSEY MIYAKE」「TYPE-1 ATLAS Collection」。それぞれのデザイナーである宮前義之と中里唯馬とともに、脳科学者の中野信子を加えた鼎談を実施。「不確実性の時代」におけるファッションの役割や、人間の身体の不完全性に見るファッションの可能性について語り合った。

2021.5.15

アーティゾン美術館コレクションの「コア」に迫る

開館から1年4ヶ月が経ったアーティゾン美術館(東京・京橋)の大規模コレクション展第2弾「STEPS AHEAD:Recent Acquisitions 新収蔵作品展示」が好評だ。5年間の建て替え休館中に新たに収集した作品より、初公開の約100点を含む約200点を披露し、若い層も引き寄せている。拡張しつつ前進するコレクションの現在形を、本展を企画した新畑泰秀学芸課長に聞いた。

2021.5.15

ポスト印象派の画家からアーティストのドキュメンタリー、ナチスドイツの美術まで。チェックすべきAmazon Prime Videoのアートムービー

スマートフォンやパソコンで、いつでも見たい動画コンテンツを視聴できることから近年注目を集めるストリーミングサービス。今回はAmazon Prime Videoで見られるおすすめのアートムービーを紹介。連休中に自宅で過ごす時間のお供にいかがだろうか。配信期限つきの作品もあるため、気になるものは早めのチェックをおすすめしたい。

2021.5.14

地方から世界水準の芸術教育を。倉敷芸術科学大学・川上幸之介研究室インタビュー

現代美術の可能性を拡張するアーティストやスペース、プロジェクトを取り上げるシリーズ「美術の新たな目つきを探して」。第6回は、世界的に著名なアーティストやキュレーターとのコラボレーションを数多く実現させてきた、倉敷芸術大学の川上幸之介研究室に話を聞く。

芸術祭のオルタナティブとジレンマ。高嶋慈評「梅田哲也 イン 別府」

国際的に活躍する1組のアーティストを招き、地域性を活かしたアートプロジェクトを実現する個展形式の芸術祭「in BEPPU」が2020年12月から3ヶ月間開催された。5回目となる本年の招聘作家は梅田哲也。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、集客型の大型芸術祭が中止するなか、本展はポストコロナにおける新たな芸術祭モデルとなり得たか、また、地域芸術祭としての批評性はいかなるものだったのか。高嶋慈がレビューする。

2021.5.13

アーティストの3つのキャリアステージを支援。「三菱商事アート・ゲート・プログラム」が申請受付をスタート

アーティストの異なる3つのキャリアステージに合わせ、資金援助など約2年にわたってアーティストの成長や制作活動の発展をサポートする「三菱商事アート・ゲート・プログラム」が、5月13日より申請受付をスタートさせた。スカラシップ、ブレイクスルー、アクティベーションの3部構成となる同プログラムでは、1名(組)のアーティストにつき最大400万円の支援金を提供し、メンターによるアドバイスや、2年間の成果発表の場としての展覧会などの機会も与える。

2021.5.13
SERIES / あの人のアートコレクションが見たい!

あの人のアートコレクションが見たい!:作品一つひとつと向き合うことを大切にする高橋ゆうこうさん

急増しているアートコレクター。作品が飾られているコレクターの自宅を、自身もコレクターであるコバヤシマヒロが訪問して紹介。作品を愛するそれぞれの人柄が現れるような、千差万別のアートコレクションをお届けします。

2021.5.3
INTERVIEW

真鍋大度が語るクリプトアートの問題点と可能性。「CryptoArt Experiment」が目指すものとは?

ブロックチェーン技術を用い、唯一無二性を担保したデジタル・アート(クリプトアート、NFT)がマーケットで盛り上がりを見せるなか、ライゾマティクスがクリプトアートに特化したマーケットプレイス「CryptoArt Experiment」を立ち上げた。その背景にあるものとは何か? 真鍋大度に聞いた。

2021.4.17
PICK UP EXHIBITIONS
前へ
次へ

暗渠化された渋谷の川を滝に。 檜山真有評 光岡幸一「もしもといつも」

コロナ禍でのオリンピック開催とさらなる都市開発に揺れる東京。アーティストの光岡幸一は、原宿・BLOCK HOUSEでの個展で、暗渠化された渋谷の川を滝としてギャラリーに取り込み、会期中、その水の飛沫で写真作品やオブジェに変化を与えつづけた。その光景から浮かび上がる人間の営みや都市の機微とはいかなるものか? キュレーターの檜山真有が論じる。

2021.5.12

グランプリに個展開催権と制作費30万円。第23回写真「1_WALL」展がガーディアン・ガーデンで開催へ

写真界の次世代を担う若手を発掘する第23回写真「1_WALL」展が、5月18日〜6月19日に銀座のガーディアン・ガーデンで開催される。今回のファイナリストは、香取声、木原千裕、佐久間靖浩、曾迪生、長谷川愛実の5名。6月3日に行われる公開最終審査会で選出されるグランプリ受賞者には、1年後の個展開催の権利と個展制作費30万円が贈られる。

2021.5.12
INTERVIEW

NFTは未来か、バブルか。美術館では世界初のクリプトアート展を主催したキュレーターに聞く

世界の美術館では初めてクリプトアートにフォーカスした展覧会「Virtual Niche - Have you ever seen memes in the mirror?」が、中国・北京のUCCA Labで開催された。美術館でクリプトアート展を開催する意義や、NFTやクリプトアートの利点/問題点、そして未来とは? 同展の企画者である孫博涵(ソン・ボーハン)と王琴文(ワン・チンウェン)に聞いた。

2021.4.10
SERIES / BT ARCHIVES

人間からものへ、ものから場へ。李禹煥インタビュー(2011年3月号)

雑誌『美術手帖』の貴重なバックナンバー記事を公開。3月は、アンディ・ウォーホルからいまを生きるアーティストまで、現代美術のキーパーソンたちのインタビューや解説記事を掲載する。本記事では、2011年に行われた李禹煥のインタビューを公開。

2021.3.31