REVIEW

夭折の画家、その軌跡を辿る。黒沢聖覇評「中園孔二展 外縁-見てみたかった景色」

2015年、弱冠25歳でこの世を去った画家・中園孔二。その画業をたどる回顧展「中園孔二展 外縁-見てみたかった景色」が横須賀美術館で開催されている。中園にとって初の美術館個展でもある本展を、第7回モスクワ国際現代美術ビエンナーレでアシスタントキュレーターとして中園作品の展示に携わった東京藝術大学の黒沢聖覇がレビューする。

2018.9.22

アジアのアートアワードの現在を探る。 服部浩之評「APB シグネチャー・アート・プライズ 2018」

世界各地で開催されているアートアワード。シンガポールで、アジア圏内の46の国と地域から113作品がノミネートされる大規模なアートアワード「APB Foundation Signature Art Prize 2018」のファイナリスト展が開催された。本アワードにノミネーターとして参加したインディペンデント・キュレーターの服部浩之が、その内容に迫る。

2018.9.20

全シミュラークル的状況の構築。 長谷川新評 武田雄介展「void」

昨年、金沢21世紀美術館で開催された個展「アペルト06」も記憶に新しい武田雄介。京都のMORI YU GALLERYで現在開催中の個展は、「void」(=無効)と題され、ゲームエンジン「Unity」の世界と物理空間を同一化させるようなアプローチを見せている。その背景にはどのような意図が含まれているのだろうか。インディペンデント・キュレーターの長谷川新がレビューする。

2018.9.15

「墓」の中に広がる「作品の死」の多様性。 鷲田めるろ評 エキソニモ + YCAM共同企画展「メディアアートの輪廻転生」

10月28日まで山口情報芸術センター[YCAM]で開催されている「メディアアートの輪廻転生」展。本展はYCAMとアートユニット「エキソニモ」の共同キュレーションによるものとして注目を集めている。各作家が様々な視点でメディア・アートにおける作品の「死」について考えた本展を、国内外でインディペンデント・キュレーターとして活躍する鷲田めるろがレビューする。

2018.9.14

なぜこんなにも藤田は好かれるのか? 蔵屋美香評「没後50年 藤田嗣治展」「1940's フジタ・トリビュート」展

没後50年を迎える今年、藤田嗣治の展示が目白押しだ。そんななか、上野で2つの藤田展がこの夏開催された。国内では過去最大規模となる東京都美術館での藤田展と、藤田の出身校である東京藝術大学でのトリビュート展だ。異なる角度から藤田をとらえた2展示を通して、東京国立近代美術館で2度の藤田展を企画した、同館学芸員の蔵屋美香が「新しい藤田の絵画の魅力」に迫る。

2018.9.13

展示方法が提示する音と映像への没入体験。菅俊一評 「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」

音楽を構造物(アーキテクチャ)ととらえ、コーネリアスによるひとつの楽曲と複数の映像作家らによる「音楽的建築空間」の構築を試みた企画展「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」が六本木の21_21 DESIGN SIGHTで開かれている。全作品が連動している本展の鑑賞体験を、映像作家、研究者の菅俊一が解読する。

2018.9.13

自然光から浮き上がる「生」の気配 大森俊克評「内藤礼―明るい地上には あなたの姿が見える」展

空気や水、光など自然環境が持つ性質をきわめてシンプルに作品化してきた内藤礼。国内では4年ぶり、過去最大規模となる個展「明るい地上には あなたの姿が見える」が、水戸芸術館で開催中だ。ささやかな物や光の存在で展示空間全体を満たすその手法について、過去の展示を振り返りつつ、大森俊克が解き明かす。

2018.9.12

目に見えるものが真実とは限らない? 副田一穂が見た、原田裕規「心霊写真/マツド」展

今年4月、東京・馬喰町での美術家・原田裕規の個展「心霊写真/ニュージャージー」が注目を集めた。その続編である「心霊写真/マツド」が7月から8月上旬にかけて、名古屋にて開催された。誰もが知るモチーフを取り上げ、議論を喚起する作風が特徴の原田による代表的プロジェクトである本展を、愛知県美術館学芸員の副田一穂が考察する。

2018.8.30

渋谷慶一郎が挑んだ アンドロイド「オルタ2」との共演。 佐々木敦が見た、オペラ『Scary Beauty』

杉本博司、複雑系研究者の池上高志、ロボット学者の石黒浩、パリ・オペラ座・エトワールのジェレミー・ベランガールら、あらゆるジャンルのクリエーターと共同してきた渋谷慶一郎。世界で公演された初音ミク主演のボーカロイド・オペラ『THE END』に次いで、新たに挑戦するのはアンドロイドを指揮者とした新しいオペラの創造。前人未踏というべきこのプロジェクトでどんな試みが行われたのか。佐々木敦が解読する。

2018.8.29

「演劇」以外で演劇をつくる実験。国枝かつらが見た「渚・瞼・カーテン チェルフィッチュの〈映像演劇〉」展

4月〜6月にかけて熊本市現代美術館で開催された、「チェルフィッチュの〈映像演劇〉」展。あらかじめ撮影された役者の演技の映像をプロジェクションで投影し、演劇の上演を行う〈映像演劇〉。岡田利規の発案によるこの美術館での「演劇作品」の上演について、キュレーターの国枝かつらがレビューする。

2018.8.28

102歳まで生きた木版画家。沢山遼が見た、「木版画の神様 平塚運一」

1895年島根県に生まれ、自在で高度な技術をもって80年におよぶ版業を貫いた平塚運一。初期の多色摺から代名詞でもある墨摺版画まで、約300点を通して平塚の活動を回顧する展覧会が千葉市美術館で開催中(7月14日〜9月9日)だ。「木版画の神様」とも称される平塚の作品を、美術批評家の沢山遼がレビューする。

2018.8.27

古代窯から愛知の発展を辿る。鈴木俊晴が見た、「知られざる古代の名陶 猿投窯」展

5〜6世紀の古墳時代、渡来人から日本へ伝わった新しい焼き物「須恵器(すえき)」を発端にした、愛知の「猿投窯(さなげよう)」。名古屋市の東方に広がる丘陵地帯に残る無数の窯の遺跡を指す、この猿投窯を取り上げた展覧会が、愛知県陶磁美術館で開催中だ。一見アカデミックな展覧会の歴史的位置付けについて、豊田市美術館学芸員の鈴木俊晴が新たな視点から論じる。

2018.8.25

TVゲームが喚起するリアリティ。大下裕司が見た、海野林太郎「サスペンデッド・エクスプローラー!」展

映像作品を手がける若手アーティスト・海野林太郎の個展がEUKARYOTE(東京)で開催された。TVゲームから着想した映像作品で空間全体を構成した本展。ユニークな手法とそこで喚起される体験について、大阪新美術館建設準備室学芸員の大下裕司がレビューする。

2018.8.23

作品解釈と鑑賞体験の拡張を試みる。長谷川新が見た、「ウェザーリポート」展

美術は気象現象をどのように表現してきたのか、そしてどのような表現が可能であるか。そのような問いをたてた展覧会「ウェザーリポート―風景からアースワーク、そしてネオ・コスモグラフィア」展が栃木県立美術館で8月26日まで開催中だ。本展を、インディペンデント・キュレーターの長谷川新がレビューする。

2018.8.22

兵器のぬいぐるみが伝えるリアリティ。gnckが見た、青秀祐展「弾頭の雨が降る夜に、少年は空飛ぶ夢を見る。」

数千機による折り紙飛行機が編隊飛行するインスタレーションや、機体構造を裏返しした立体作品など、戦闘機をモチーフにした作品を制作する青秀祐(あお・しゅうすけ)。その7年ぶりとなる個展が東京・新宿のeitoeikoで開催された。ぬいぐるみの兵器などが展示された本展を通し、青の制作スタイルをキャラ・画像・インターネット研究のgnckが考察する。

2018.8.21

ひたすらに描き続けた「路傍の画家」の画業をたどる。佐藤直樹が見た、「江上茂雄:風景日記」展

武蔵野市立吉祥寺美術館による「記録と記憶のありか / ありかた」をテーマとした企画展のシリーズの第3弾「江上茂雄:風景日記 diary/dialogue with landscapes」。本展は専門教育を受けず、生まれ育った九州を出ずに毎日作品を制作した画家・江上茂雄の東京では初となる個展だ。本展と江上の画業に、ペインターでグラフィックデザイナーの佐藤直樹が迫る。

2018.8.9

作品の「二重性」を保持する表現方法とは。菅原伸也が見た、「メルド彫刻の先の先」展

美術家・白川昌生が2000年代に提唱した「メルド彫刻」。DIY的な素材、方法で制作された作品のことを指す「メルド彫刻」の、さらにその先の表現を提示する場として、白川が選出した作家たちによる展覧会が東京・新宿のMaki Fine Artsで開催されている。本展を美術批評家の菅原伸也がレビューする。

2018.8.8