NEWS / EXHIBITION

即席ラジオ局から一流の演劇をお届け。アフターコロナの世界に向けたSPACの新企画

SPACが、新型コロナウイルスの影響の長期化を懸念して、新企画「SPAC 出張ラヂヲ局 ~電波で演劇とどけます!~」を立ち上げた。本企画は、高齢者福祉施設や児童福祉施設などを対象に、SPACの演劇を即席のラジオ局から届けるというものだ。俳優と入所者、施設のスタッフとの直接の接触はなく、安心してプロの俳優による一流のパフォーマンスを生で楽しむことができる。

2020.7.6

恋愛や男性性との関わりをテーマに。佐藤麻優子が個展で新作「繋がってください」を発表

若い世代が抱える閉塞感や退屈さを的確に表現する写真家の佐藤麻優子。その新作個展「繋がってください」が、東京・馬喰町のKiyoyuki Kuwabara AGで開催されている(〜7月18日)。新作では、自身のルーツである家族やそこで生まれた異性との距離感、その後の恋愛など、過去と現在を行き来するように、いまを生きるリアルな感覚をセルフポートレイト作品で展開するという。

2020.7.2

「SINA SUIEN」有本ゆみこが個展で4年ぶりの新作を発表。刺繍の大作のほか、テーラーメイドの技術を駆使したスーツも

展覧会からアーティストの衣装制作、マンガ執筆、楽曲の作詞まで多彩な活躍を見せる刺繍作家の有本ゆみこ。その刺繍作品展「よるのしじま」が、原宿のセレク トショップ「Lamp harajuku」で開催される(7月2日~31日)。本展では、4年ぶりの新作をお披露目する。

2020.7.1

国宝《洛中洛外図屏風(舟木本)》の高品位複製が限定10点で発売。売上の一部は東博文化財の保護に

凸版印刷が昨年開発した、印刷による複製技術「Refina Graphy」。同社は、和紙や金箔、金泥など日本の文化財の特徴である様々な質感を再現するこの技術を用いて、国宝《洛中洛外図屛風(舟木本)》の高品位複製を制作した。7月1日より、本複製が三越伊勢丹で販売される。限定10点。

2020.6.30

明治神宮で「紫幹翠葉−百年の杜のアート」展が開催。現代美術作家が⽇本古来の様式に描く

創建100年を迎える明治神宮が、その内苑と外苑で様々な展覧会やイベントを開催する「神宮の杜芸術祝祭」。その一環として、すでに野外彫刻展「天空海闊(てんくうかいかつ)」が3月より開催されているが、新たに7⽉10⽇より明治神宮ミュージアムで展覧会「紫幹翠葉(しかんすいよう)─百年の杜のアート」が開幕する。

2020.6.28