SERIES

第11回

ニューヨークから届いた、作品にあるメッセージと平和への願い オノ・ヨーコ インタビュー Part2 (2011年9月号)

雑誌『美術手帖』の貴重なバックナンバー記事を公開。「巨匠アーティストのことば」をテーマに、世界的に活躍する作家たちの歴代のインタビューや寄稿を一挙に振り返る。本記事では、2011年9月号「オノ・ヨーコ」特集より、第8回ヒロシマ賞受賞にあわせて敢行された、彼女のインタビューPart2を掲載する。

2021.1.26
第12回

ヒロシマから語られる、ともに生きるための「希望の路」 オノ・ヨーコインタビュー Part1 (2011年9月号)

雑誌『美術手帖』の貴重なバックナンバー記事を公開。「巨匠アーティストのことば」をテーマに、世界的に活躍する作家たちの歴代のインタビューや寄稿を一挙に振り返る。本記事では、2011年9月号「オノ・ヨーコ」特集より、第8回ヒロシマ賞受賞にあわせて敢行された、彼女のインタビューPart1を掲載する。

2021.1.26
第2回

美術館はサステイナブルな存在か? 担当キュレーターが語る「美術館を展示する 和歌山県立近代美術館のサステイナビリティ」

美術館の学芸員(キュレーター)が、自身の手がけた展覧会について語る「Curator's Voice」。第2回は、和歌山県立近代美術館で開催された「美術館を展示する 和歌山県立近代美術館のサステイナビリティ」を企画した青木加苗が、同展と美術館の公共性について語る。

2021.1.26
第3回

多様性を問い続ける人々がつくる新たな場。新大久保UGOインタビュー

日本最大のエスニックタウン、東京・新大久保。多様な背景を持つ人々が行き交うその路地の一角に、昨年10月、新しいアートスペース兼コミュニティセンター「新大久保UGO」が誕生した。「烏合の衆」から取られたその名の通り、この場所には、日々、さまざまな職業や国籍の人たちが集まり、展示やイベント、パーティを楽しんでいる。UGOが目指そうとする、コミュニティのかたちとはどのようなものか? 「UGO実行委員会」の磯村暖、丹原健翔、中尾一平、ぱにぱにぱにぱにともちんぱ、三好彼流、山縣瑠衣に話を聞いた。

第36回

櫛野展正連載「アウトサイドの隣人たち」:追悼、小川卓一

ヤンキー文化や死刑囚による絵画など、美術の「正史」から外れた表現活動を取り上げる展覧会を扱ってきたアウトサイダー・キュレーター、櫛野展正。2016年4月にギャラリー兼イベントスペース「クシノテラス」を立ち上げ、「表現の根源に迫る」人間たちを紹介する活動を続けている。彼がアウトサイドな表現者たちに取材し、その内面に迫る連載。第36回は、尾道で私設美術館「ふりむき館」を運営してきた小川卓一を追悼する。

第2回

中野信子×山下有佳子「脳科学からアートマーケットを分析する」:第2回 アートを買う人には2種類いる?

気鋭の脳科学者であり、東京藝術大学大学院博士課程でアートを学ぶなど、美術に対する見識が広い中野信子が、アートを脳科学の視点から分析。マーケットに精通したギャラリスト・山下有佳子とともに、様々な視点からアートやアートマーケットを語り尽くす。

第32回

【シリーズ:BOOK】カント美学の理論からその継承までを概説。『美学』

雑誌『美術手帖』の「BOOK」コーナーでは、新着のアート&カルチャー本から注目の図録やエッセイ、写真集など、様々な書籍を紹介。2020年12月号の「BOOK」2冊目は、美学者・小田部胤久が、カント『判断力批判』における理論やその背景、継承を概説する『美学』を取り上げる。

2021.1.5
第35回

櫛野展正連載「アウトサイドの隣人たち」:アートが「仕事」になる

ヤンキー文化や死刑囚による絵画など、美術の「正史」から外れた表現活動を取り上げる展覧会を扱ってきたアウトサイダー・キュレーター、櫛野展正。2016年4月にギャラリー兼イベントスペース「クシノテラス」を立ち上げ、「表現の根源に迫る」人間たちを紹介する活動を続けている。彼がアウトサイドな表現者たちに取材し、その内面に迫る連載。第35回は、紙製のデコトラをつくり続ける伊藤輝政を取り上げる。

第10回

「死」と「永遠」に向かい制作した大回顧展への思い。草間彌生インタビュー(2012年4月号)

雑誌『美術手帖』の貴重なバックナンバー記事を公開。12月公開分は「巨匠アーティストのことば」をテーマに、世界的に活躍する作家たちの歴代のインタビューや寄稿を一挙に振り返る。本記事では、2012年4月号「草間彌生」特集より、同年国立国際美術館で開催された「草間彌生 永遠の永遠の永遠」展にあわせて敢行された、草間のインタビューを掲載する。

2020.12.26
第1回

いま見るべき美術館の常設展:日本初の国立美術館「東京国立近代美術館」

美術館のアイデンティティである常設展(コレクション展)の世界を紹介するシリーズ「いま見るべき美術館の常設展」。第1回は、東京・竹橋にある東京国立近代美術館の常設展を紹介する。※情報は12月1日時点のものです。作品は展示替えされている場合があります。

第9回

日本での現代美術シーン確立のための熱い想いを語る。村上隆インタビューPart2(2010年11月号)

雑誌『美術手帖』の貴重なバックナンバー記事を公開。12月公開分は「巨匠アーティストのことば」をテーマに、世界的に活躍する作家たちの歴代のインタビューや寄稿を一挙に振り返る。本記事では、2010年11月号「村上隆」特集より、ベルサイユ宮殿での展覧会から日本へ帰国直後のスタジオで収録された、村上のインタビューPart2を掲載する。

2020.12.22
第1回

中野信子×山下有佳子「脳科学からアートマーケットを分析する」:第1回 脳は「美の基準」をどう判断している?

気鋭の脳科学者であり、東京藝術大学大学院博士課程でアートを学ぶなど、美術に対する見識が広い中野信子が、アートを脳科学の視点から分析。マーケットに精通したギャラリスト・山下有佳子とともに、様々な視点からアートやアートマーケットを語り尽くす。

第8回

マーケットでも話題のゲルハルト・リヒター、その作品の魅力とは? 「リヒターを観るためのキーワード」(2005年11月号)

雑誌『美術手帖』の貴重なバックナンバー記事を公開。12月公開分は「巨匠アーティストのことば」をテーマに、世界的に活躍する作家たちの歴代のインタビューや寄稿を一挙に振り返る。本記事では、2005年11月号「ドイツの現代美術」特集より、ゲルハルト・リヒター作品の見方を解説したテキストを掲載する。

2020.12.21
第7回

「MURAKAMI VERSAILLE」展で成し遂げたもの。村上隆インタビューPart1(2010年11月号)

雑誌『美術手帖』の貴重なバックナンバー記事を公開。12月公開分は「巨匠アーティストのことば」をテーマに、世界的に活躍する作家たちの歴代のインタビューや寄稿を一挙に振り返る。本記事では、2010年11月号「村上隆」特集より、同年パリ近郊のベルサイユ宮殿で開催された「MURAKAMI VERSAILLE」展にあわせて敢行された、村上のインタビューPart1を掲載する。

2020.12.21
第6回

21世紀の入り口に、平和のメッセンジャーが語ったこと。オノ・ヨーコインタビュー(2003年11月号)

雑誌『美術手帖』の貴重なバックナンバー記事を公開。12月公開分は「巨匠アーティストのことば」をテーマに、世界的に活躍する作家たちの歴代のインタビューや寄稿を一挙に振り返る。本記事では、2003年11月号「オノ・ヨーコ」特集より、ニューヨークで収録されたインタビューを紹介する。

2020.12.21
第5回

「パーソナルな表現」が世界に羽ばたくまで。奈良美智インタビュー(2012年9月号)

雑誌『美術手帖』の貴重なバックナンバー記事を公開。12月公開分は「巨匠アーティストのことば」をテーマに、世界的に活躍する作家たちの歴代のインタビューや寄稿を一挙に振り返る。本記事では、2012年9月号「奈良美智」特集より、同年横浜美術館ほかで開催された「奈良美智:君や 僕に ちょっと似ている」に際して収録されたロング・インタビューを紹介する。

2020.12.21
第4回

画家自身の子供時代と、描かれた子供について語る。奈良美智インタビュー(1995年7月号)

雑誌『美術手帖』の貴重なバックナンバー記事を公開。12月公開分は「巨匠アーティストのことば」をテーマに、世界的に活躍する作家たちの歴代のインタビューや寄稿を一挙に振り返る。本記事では、1995年7月号「快楽絵画」特集より、当時新世代ペインターとして注目された、奈良美智のキャリア初期のインタビューを掲載する。

2020.12.21