ARTISTS

梅津庸一

Yoichi Umetsu

「パープルーム大学物語」展示風景

 1982年山形県出身。東京造形大学絵画科卒業。ラファエル・コランの代表作《フロレアル》を自らの裸像に置き換えた《フロレアル(わたし)》(2004-07)や、同じく自身がモデルとなり、黒田清輝の《智・感・情》(1897-90)を4枚の絵画で構成した《智・感・情・A》、フェルディナント・ホドラーの《昼》(1900)に基づく、幅3mを超える大作《昼(東洋のわたし)」(2015)などを発表。

 メタルポイントやペンを駆使した点描技法による絵画を通して、日本における近代美術の展開と自身との関係性を探究する。2014年からは私塾「パープルーム予備校」を主宰し、活動を通して美術の制度や教育の問題を批評・考察している。

 主な個展にAPMoA Project, ARCH vol.20 梅津庸一「未遂の花粉」(愛知県美術館、2017)。これまで参加した主な展覧会に「恋せよ乙女!パープルーム大学と梅津庸一の構想画」(ワタリウム美術館、東京、2017)、「瀬戸内国際芸術祭」(2016)など。