NEWS / REPORT

明治神宮の「神宮の杜芸術祝祭」。名和晃平、船井美佐、松山智一、三沢厚彦が参加する野外彫刻展が開幕

創建100年を迎える明治神宮が、2020年に明治神宮(内苑・外苑)で様々な展覧会やイベントを開催する「神宮の杜芸術祝祭」が開幕した。そのメインイベントのひとつとなる屋外彫刻展「天空海闊(てんくうかいかつ)」では、明治神宮の広大な人工林「神宮の社」を舞台に、名和晃平、船井美佐、松山智一、三沢厚彦が彫刻を展示する。会期は2020年3月20日〜2021年3月31日。

2020.3.20

東博で開催予定の「法隆寺金堂壁画と百済観音」。金堂壁画と観音像が伝える法隆寺の美の世界

3月13日の開幕を予定しながら、新型コロナウイルスの影響により開幕が延期となった東京国立博物館の「法隆寺金堂壁画と百済観音」が、先行して報道陣に公開された。およそ1300年前に法隆寺の金堂に描かれた仏教壁画。1949年の火災により焼損したこの壁画の威容を、模本を中心に現代に伝える展覧会だ。また国宝《観音菩薩立像(百済観音)》をはじめ、飛鳥時代の仏像も同時に紹介する。

2020.3.20

日本のファッション史をたどる世界初の大回顧展。「ファッション イン ジャパン 1945-2020ー流行と社会」を通じて未来を考える

日本のファッション史の変遷と背景をたどる展覧会「ファッション イン ジャパン 1945-2020ー流行と社会」が、東京・六本木の国立新美術館を皮切りに開催される。本展は、75年という長いスパンで日本のファッション史をたどる世界初の大回顧展だ。その見どころを紹介する。

2020.2.27

パリで話題となった展覧会が凱旋。「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020」展の見どころとは?

日本のマンガ・アニメ・ゲーム・特撮作品に焦点を当てる展覧会「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020」展が、東京・六本木の国立新美術館で開催される(7月8日~9月22日)。本展は、2018年冬にパリのラ・ヴィレットで開催され、31日間で3万人以上を動員した「MANGA⇔TOKYO」展の凱旋展だ。その見どころを紹介する。

2020.2.27

ファッションデザインで世界に伝える日本人女性の強さ。「森英恵 世界にはばたく蝶」が水戸芸術館で開幕

1950年代より衣裳デザインで活躍し、1977年には初の東洋人デザイナーとしてパリ・オートクチュール組合に所属するなど、日本人ファッションデザイナーの草分けとして活動してきた森英恵。その仕事の軌跡と思想をたどる展覧会が、水戸芸術館で開幕した。

2020.2.22

朝から夜へ、時の移ろいを体感する。サンドラ・シントの個展「コズミック・ガーデン」が銀座メゾンエルメス フォーラムでスタート

星や波などをモチーフに、細い線で描き出されるドローイングからインスタレーションを展開するブラジル出身のアーティスト、サンドラ・シントの個展「コズミック・ガーデン」が銀座メゾンエルメス フォーラムでスタートした。会期は5月10日まで。

2020.2.10