NEWS / REPORT

森村泰昌の個人美術館「M@M(モリムラ@ミュージアム)」が大阪・北加賀屋に開館。こけら落としで貴重な80年代の作品を展示

美術家・森村泰昌が自身初となる美術館「M@M(モリムラ@ミュージアム)」を大阪・北加賀屋に開館させた。2つの展示室に加え、ライブラリーやサロン、ミニシアター、ショップからなるこの美術館の概要をレポートでお届けする。

2018.11.4

民藝で生の感動を。深澤直人ディレクション「民藝 MINGEI -Another Kind of Art」が21_21 DESIGN SIGHTで開幕

プロダクトデザイナーであり、日本民藝館館長を務める深澤直人のディレクションのもと、同館のコレクションを中心に新旧様々な民藝品約100点をピックアップして紹介する展覧会「民藝 MINGEI -Another Kind of Art」が東京・六本木の21_21 DESIGN SIGHTでスタート。その内容をレポートでお届けする。

2018.11.1

いつでも変わることができる。霧のアーティスト・中谷芙二子が「霧の抵抗」で伝えたいこと

1970年代より純粋な水霧を用いた環境彫刻、インスタレーション、パフォーマンスなどを手がけ、「霧のアーティスト」として世界的に活動してきた中谷芙二子。その日本初となる大規模個展が水戸芸術館現代美術ギャラリーで10月27日に開幕。「抵抗」が大きなキーワードとなる本展をレポートでお届けする。

2018.10.27

ムンク美術館の《叫び》が初来日。100パーセントムンク作品で構成された「ムンク展—共鳴する魂の叫び」、東京都美術館で開幕

ノルウェーを代表する画家、エドヴァルド・ムンク。その代表作を一堂に公開する回顧展「ムンク展—共鳴する魂の叫び」が東京都美術館で開幕した。100パーセントムンク作品で構成される本展では、約100点(油彩は60点以上)の作品が一堂に紹介されている。(掲載作品はすべてオスロ市立ムンク美術館蔵 All Photographs ©︎Munchmuseet)

2018.10.26

知られざるイリヤ&エミリア・カバコフの過去を紐解く。大回顧展「誰もが未来に連れていってもらえるわけではない」がトレチャコフ美術館で開幕

モスクワのトレチャコフ美術館新館でイリヤ&エミリア・カバコフの大規模な回顧展が始まった。本展はソ連政権下のモスクワで非公認芸術家として制作したペインティングから、現在のインスタレーションまでを一堂に集めた展覧会であり、今年9月に85歳となったイリヤ・カバコフの芸術活動の総括ともいえる。本展の見どころをロシア文学・美術専攻の早稲田大学教育・総合科学学術院准教授、鴻野わか菜によるレポートで紹介する。

2018.10.21

三菱一号館美術館で出会う近代美術の名品たち。「フィリップス・コレクション展」に見る美術館コレクション形成の歴史

アメリカ有数の私立コレクションとして知られる、フィリップス・コレクション。その所蔵品を紹介する展覧会「フィリップス・コレクション展」が三菱一号館美術館で開幕した。ドラクロワからクールベ、モネ、ゴーギャンなど近代の名品が揃う本展の見どころとは?

2018.10.16

『フランダースの犬』でもおなじみ。国立西洋美術館で「ルーベンス展―バロックの誕生」が開幕

壮麗華美な美術様式「バロック」が栄えた17世紀ヨーロッパを代表する画家、ペーテル・パウル・ルーベンス。後に「王の画家にして画家の王」と呼ばれたルーベンスを、イタリアとの関わりに焦点を当て紹介する展覧会「ルーベンス展―バロックの誕生」が国立西洋美術館にて10月16日から2019年1月20日まで開催される。近年では国内過去最大規模となるルーベンス展を、レポートで紹介する。

2018.10.15

杉本博司と天正遣欧使節の数奇なつながり。MOA美術館で「信長とクアトロ・ラガッツィ 桃山の夢と幻 + 杉本博司と天正少年使節が見たヨーロッパ」が開幕

2017年2月5日に、杉本博司と榊田倫之の主宰する新素材研究所の建築意匠によってリニューアルした静岡・熱海のMOA美術館。ここでそのリニューアルを記念した特別展「信長とクアトロ・ラガッツィ 桃山の夢と幻 + 杉本博司と天正少年使節が見たヨーロッパ」が開幕した。杉本が語る本展の見どころとは?

2018.10.6

破壊からすべてがはじまる。森美術館で「カタストロフと美術のちから」展がスタート

戦争やテロ、難民問題や環境破壊など、危機的な問題が山積する現代において、美術は社会・個人の大惨事や悲劇とどのように向き合い、どのような役割を果たすことができるのか。その可能性を問いかける展覧会「カタストロフと美術のちから展」が、東京・六本木の森美術館で10月6日にスタート。本展の見どころをレポートで紹介する。

2018.10.5

草間彌生美術館が開館1周年で「未来へのわが展望をみてほしい―植物とわたし」を開催。植物と自画像の関係性を問う

2017年10月1日に東京・新宿区に開館し、1周年を迎えた草間彌生美術館。その第3回となる展覧会「未来へのわが展望をみてほしい―植物とわたし」が10月4日より開催される。草間作品の代表的なモチーフである植物にフォーカスした本展。どのような作品が見られるのか、その様子をお届けする。

2018.10.3

マルセル・デュシャン、その足跡をたどる。東京国立博物館で「マルセル・デュシャンと日本美術」が開幕

20世紀の美術にもっとも影響を与え、その後の現代美術史の礎となった芸術家マルセル・デュシャン。その足跡をフィラデルフィア美術館所蔵品でたどり、さらには日本美術を比べるという展覧会が東京国立博物館で10月2日より開催される。150件以上の作品・資料が並ぶ本展の概要をレポートでお届けする。

2018.10.1