INTERVIEW / OIL

磁土で現代陶芸を拡張していく二人。松村淳「METAFICTIONAL ADAPTATION CYCLE」、川端健太郎「Knee Bridge」

京都のギャラリー、現代美術 艸居のメインギャラリーとアネックスで、2名の現代陶芸家が新作を発表した。透明感のある白磁の曲線を組み合わせてシャープな造形を行う松村淳と、手びねりによる成形とガラスや石などを練り込んだテクスチャーを融合させる川端健太郎。ふたりの展示とアトリエを訪れ、取材を行った。

2021.4.28