• HOME
  • MAGAZINE
  • INSIGHT
  • 2020年は開館ラッシュ。アーティゾン美術館から国立工芸館…
INSIGHT - 2019.1.12

2020年は開館ラッシュ。アーティゾン美術館から国立工芸館まで、注目の6美術館をピックアップ

東京オリンピック・パラリンピックが行われる2020年。この時期、日本全国で様々な美術館がリニューアルオープンや新規開館を迎える。そのなかから、ここではとくに注目したい6つの美術館をピックアップ。開館時期順に紹介する。

「弘前市芸術文化施設(仮)」外観イメージ ©ATELIER TSUYOSHI TANE ARCHITECTS

「弘前市芸術文化施設(仮)」外観イメージ ©ATELIER TSUYOSHI TANE ARCHITECTS

老舗美術館の新たな時代。アーティゾン美術館

 1952年にブリヂストンの創業者・石橋正二郎が収集した美術作品を展示するため開館したブリヂストン美術館が、2020年1月を目処に「アーティゾン美術館(ARTIZON MUSEUM)」として開館する(館名変更は19年7月1日予定)。

 新たな館名は、「ART」と「HORIZON」を融合させた造語で、世代や地域を超えたより広い鑑賞者に対応し、印象派、近代洋画、古美術といったこれまでの美術館イメージから脱却し、新たな地平を目指すべく名付けられたものだ。

 新美術館は、2019年7月竣工予定の23階建て高層ビル「ミュージアムタワー京橋」の1〜6階に入居し、展示室は4〜6階の3フロア。これは旧美術館の約2倍の面積となる。

アーティゾン美術館外観(イメージ)

田根剛が設計。弘前市芸術文化施設(仮)

 2018年に東京オペラシティ アートギャラリーで大規模個展を行った建築家・田根剛。その田根が手がけるのが、2020年4月開館予定の弘前市芸術文化施設(仮)だ。同館は、明治期にシードル(リンゴ酒)工場として建造され、第二次大戦後に吉井酒造に引き継がれた「吉野町煉瓦倉庫」をリノベーションするもの。

 建物はA棟・B棟とC棟の3棟構造で、高さ15メートルの展示室をはじめ、スタジオ、ライブラリー、ワークラウンジ、カフェ、ミュージアムショップなどが入る予定。総合アドバイザーは森美術館館長・南條史生が務める。産業遺産をどのように文化施設へと転用させるのか、注目が集まるプロジェクトだ。

「弘前市芸術文化施設(仮)」外観イメージ ©ATELIER TSUYOSHI TANE ARCHITECTS

新宿に新たなランドマーク。損保ジャパン日本興亜美術館の新美術館(名称未定)

 1976年に「東郷青児美術館」として開館し、その後名称変更を重ねて14年から運営されている「東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館」が、2020年5月に「新美術館」を開館予定だ。

 「新美術館」は、同社本社ビルの敷地内に新築されるもので、地上6階地下1階の7層構造。設計は大成建設株式会社一級建築士事務所で、展示室デザイン・内装は丹青社が請け負う。これまでも複数回の名称変更を重ねてきた同館だが、新美術館の名称については、移転にあわせて新たに決定されるという。

新美術館のイメージ画像 提供=SOMPOホールディングス

東京国立近代美術館工芸館が金沢へ移転。国立工芸館

 1977年に東京国立近代美術館の分館として開館した東京国立近代美術館工芸館が、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催前に「国立工芸館」として石川県金沢市で移転・開館する

 移転に際しては、現工芸館が所蔵する美術工芸作品のうち70%に当たるおよそ1900点以上が金沢へ移る。なお、美術館の外観は、国の登録有形文化財である「旧第九師団司令部庁舎」と「旧金沢偕行社」が活用される予定となっている。

移転後の「国立工芸館」完成イメージ

「グタイピナコテカルーム」も設置。大阪中之島美術館

 大阪の中心部である中之島に、大阪と世界の近現代美術をテーマとする美術館「大阪中之島美術館」が2021年度をめどに開館する。

 同館は5階建て構造で、美術館棟の面積は1万8566平米。設計は遠藤克彦建築研究所が手がける。館内には全フロアを縦に貫く吹き抜けやオープンな屋内空間「パッサージュ」があり、様々な人が自由に行き来できるほか、館内コレクション展示室には、具体美術協会の活動を紹介する「グタイピナコテカルーム」が設置される予定となっている。

大阪中之島美術館外観イメージ 提供=大阪市

注目はジャイアントルーム。八戸市新美術館(仮)

 青森県八戸市街地の中心部に、1986年に開館した八戸市美術館が2017年4月に閉館。全面リニューアルし、2021年夏頃の開館を目指し、八戸市新美術館(仮)構想が進められている。

 西澤徹夫建築事務所・タカバンスタジオ設計共同体が設計を手がける新美術館は、敷地中央にパブリック・スペースである「ジャイアントルーム」を設置。ラーニングセンター機能の基幹となるスペースで、展覧会の企画準備などを可視化するほか、各種イベント開催の舞台として活用されるという。

八戸市新美術館の外観イメージ 提供=八戸市