×
NEWS / HEADLINE - 2018.3.17

「博物館でお花見を」
東博で開催中のお花見イベントをチェック

桜の名所・上野の東京国立博物館が、春の恒例企画「博物館でお花見を」を4月8日まで開催中。桜にちなんだ名品の展示や様々なイベントの開催が行われる。

東京国立博物館 庭園風景

 桜の季節を前に、都内随一の桜の名所・上野公園の東京国立博物館で、今年も桜にちなんだ名品の展示や、さまざまなイベントが開催される春の恒例企画「博物館でお花見を」が4月8日まで開催されている。

鳥居清長 飛鳥山花見 江戸時代・18世紀 (3月20日から公開)

 本館では国宝《花下遊楽図屏風》などの桜を描いた絵画や、桜をモチーフにした工芸品、サクラ材の仏像など、桜に関連した様々な作品が展示される。該当の作品にはキャプションに桜マークが付いているというので、要チェック。

狩野長信 国宝 花下遊楽図屏風(部分) 江戸時代・17世紀

 「博物館でお花見を」の期間中はスタンプラリーも行われる。本館展示室の5つのポイントでスタンプを集めると、オリジナル缶バッジがプレゼント。

 また、ふだんは立ち入りができない東博自慢の庭園で、ゆっくりお花見ができるのも本イベントならでは。カフェもオープンするほか、3月30日〜31日、4月6日〜7日は桜のライトアップも行われる。

東京国立博物館 庭園ライトアップ風景

 そのほかにも、入館料のみで楽しめる、職員らによる鑑賞ガイドやギャラリートーク、ワークショップ、ミニコンサートなど目白押しだ。詳しくはホームページを参照してほしい。

 なお、「博物館でお花見を」の観覧料金にて、同時開催中の展覧会「アラビアの道―サウジアラビア王国の至宝」展(5月13日まで)も見ることができる。

information

博物館でお花見を

会期:2018年3月13日〜4月8日 ※庭園開放は5月20日まで
会場:東京国立博物館
住所:東京都台東区上野公園13-9
電話番号:03-5700-8600
開館時間:9:30〜17:00(金土〜21:00、4月1日・8日〜18:00)※入館は閉館の30分前まで
休館日:3月19日
料金:一般 620円 / 大学生 410円 ※高校生以下、および満70歳以上は無料

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします