×
NEWS / EXHIBITION - 2017.9.4

長島有里枝が問い続ける「家族」「女性」への違和感。東京都写真美術館で個展開催

東京都写真美術館で、写真家・長島有里枝が日本の公立美術館では自身初となる個展「そしてひとつまみの皮肉と、愛を少々。」を開催。初期作品から最新作までを一堂に展示する。会期は9月30日〜11月26日。

長島有里枝 Self-Portrait (Brother #34) 1993 東京都写真美術館蔵

 長島有里枝は1973年東京都生まれ。武蔵野美術大学在学中の93年、家族とヌードで撮影したセルフ・ポートレートで「アーバナート#2」展パルコ賞を受賞し、注目を集める。2001年には、写真集『PASTIME PARADISE』で第26回木村伊兵衛写真賞を受賞。近年では、10年にエッセイ集『背中の記憶』で第26回講談社エッセイ賞を受賞するなど、写真以外にも活動の幅を広げている。

長島有里枝 《わたしたちの部屋(朝)》〈SWISS〉より 2007 東京都写真美術館蔵

 本展では、初期を代表するセルフ・ポートレートのシリーズから、作家の祖母が撮影した古い写真に着想を得て、スイスのアーティスト・イン・レジデンスで制作された「SWISS」(2007)、女性のライフコースをテーマに作家が母とともに制作した新作「家族について/about home」(2016)などのシリーズを展示。

 デビュー以来24年間、社会における「家族」や「女性」のあり方への違和感を作品で問い続けてきた長島の歩みを総覧するとともに、パーソナルかつポリティカルな視点にもとづく写真表現の可能性を探る。

長島有里枝 Tank Girl 1994 

information

長島有里枝 「そしてひとつまみの皮肉と、愛を少々。」展

会期:2017年9月30日〜11月26日
会場:東京都写真美術館
住所:東京都目黒区三田 1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
電話番号:03-3280-0099
開館時間:10:00〜18:00(木金〜20:00)※入館は閉館の30分前まで
休館日:月(10月9日は開館、10月10日は休館)
料金:一般 800円 / 学生 700円 / 中高生・65歳以上 600円 / 小学生以下無料

event

作家とゲストによるトーク

日時:2017年10月8日 14:00〜15:30
登壇者:野中モモ(ライター、翻訳家)、長島有里枝
会場:東京都写真美術館1階スタジオ
定員:50名 ※当日10時より1階総合受付にて整理券を配布
 
日時:2017年11月5日 14:00〜15:30
登壇者:志賀理江子(写真家)、藤岡亜弥(写真家)、長島有里枝
会場:東京都写真美術館1階スタジオ
定員:50名 ※当日10時より1階総合受付にて整理券を配布
 

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします