NEWS / EXHIBITION - 2020.2.7

DIC川村記念美術館のコレクションと現代作家のコラボレーション。「ふたつのまどか」展にさわひらき、杉戸洋、野口里佳らが参加

千葉県佐倉市のDIC川村記念美術館の開館30周年を記念し、「ふたつのまどか―コレクション×5人の作家たち」展が開催される。本展にはさわひらき、杉戸洋、野口里佳、福田尚代、渡辺信子が参加。それぞれが同館のコレクションを読み解き、新たなインスタレーションを展開する。会期は3月20日〜7月26日。

杉戸洋 Untitled 2019 作家蔵

 DIC川村記念美術館の開館30周年を記念して、「ふたつのまどか―コレクション×5人の作家たち」展が開催される。会期は3月20日~7月26日。

 本展にはさわひらき杉戸洋野口里佳、福田尚代、渡辺信子が参加。作家はコレクションからひとりのアーティストを選んで読み解き、自作とともに新たなインスタレーションを展開する。

さわひらき Souvenir IV 2012
サイ・トゥオンブリー 無題 1968 DIC川村記念美術館 (C) Cy Twombly Foundation

 日常的な空間に寓話的なイメージを織り込むさわひらきの映像作品は、サイ・トゥオンブリーの抽象絵画とともに紹介。絵画と彫刻、初公開のものを含む映像作品の約5点で、ふたりの作品が持つ重層的な時間の深さと広がりを見ることができる。

 杉戸洋は、虹色の効果を放つラリー・ベルの《無題》(1969)に注目し、それと呼応するような虹色の輝きを放つ絵画を制作。また「色を殺す」性質を持ち、高速道路のトンネル電灯に用いられるナトリウムランプを展示室内に持ち込み、通常のLED光源と比較しながらインスタレーションを展開する。

野口里佳 クマンバチ #1 2019 Commissioned by Reborn-Art Festival 2019 (C) Noguchi Rika, Courtesy of Taka Ishii Gallery

 また野口里佳はジョアン・ミロの作品に注目。ミロが晩年住んだスペイン・カタルーニャ地方のマヨルカ島を訪ね、「飛ぶもの」「宇宙と交信する木」をキーワードに、新作に取り組んでいる。

 本や文房具に精緻かつ反復的な手作業を施した彫刻やオブジェで知られる福田尚代は、切手を用いて、ジョゼフ・コーネルのコラージュ作品と響き合う新作を発表する。

 そして木枠に既成の布を張り込み、絵画とも彫刻とも言いがたい作品を手がける渡辺信子は、自身が最も敬愛するエルズワース・ケリーの作品とコラボレーション。ハード・エッジと呼ばれるケリーのフラットな色面抽象と、軽やかで明快な渡辺作品が生み出す空間も見逃せない。

 時代やジャンルを超えた作品の響き合いを見ることができる本展。各作家によるトークイベントも開催予定のため、あわせてチェックしてほしい。

福田尚代 ラ・シャット・エマイヨールへの手紙 2009-2019 作家蔵 (C) Naoyo Fukuda, courtesy Yukiko Koide Presents
渡辺信子 White and Red 2017 Arario Gallery
Dark olive green and White -Corner piece 2017 作家蔵 photo credit: Arario Gallery, Courtesy of Arario Gallery, Seoul