NEWS / EXHIBITION - 2018.11.20

ジョゼフ・コーネルの軌跡をたどる展覧会。「箱」やコラージュ作品のほか、貴重な映像作品も公開

アメリカのアーティスト、ジョゼフ・コーネルの展覧会「ジョゼフ・コーネル コラージュ&モンタージュ(仮称)」が、千葉県佐倉市のDIC川村記念美術館で開催される。本展では、同館が誇るコーネルのコレクションに加えて、国内の美術館および個人所蔵のコーネル作品が一堂に集結。上映の機会が少なかった映像作品も見ることができる。会期は2019年3月23日〜6月16日。

ジョゼフ・コーネル ローズ・ホーバート 1936頃 Courtesy The Museum of Modern Art, New York ©️ 1995 The Museum of Modern Art

 ジョゼフ・コーネル(1903~72)は、古書店や骨董品店から蒐集した小物、本の切り抜き、絵画の複製写真を、手製の木箱におさめた「箱」の作品でよく知られ、日本でも高い人気を誇るアーティストだ。

 活動初期から晩年に至るまで多彩なコラージュを手がけていたコーネルは、映像の制作にも関わり、実験映画の先駆者としても評価されている。

 今回、DIC川村記念美術館で開催される展覧会「ジョゼフ・コーネル コラージュ&モンタージュ(仮称)」では、同館が誇るコーネルのコレクションに加えて、国内の美術館および個人所蔵のコーネル作品が一堂に集結。代表作である「箱」のシリーズやコラージュのほか、上映の機会が少なかった映像作品も紹介される。

 さらにコーネルがデザインした雑誌などの印刷物や日記、手紙をはじめとする資料も展示。作家の仕事を貫いたコーネルの精神性を見つめ、制作に対する姿勢や人物像にも迫る内容となる。

ジョゼフ・コーネル ローレン・バコールのペニー・アーケード・ポートレートのための習作より 1945-46 Joseph Cornell papers, Archives of American Art, Smithsonian Institution.