×
NEWS / EXHIBITION - 2017.9.8

機械から機能を取ったら何が残る?
タムラサトルが展開するシニカルな世界

機械を用いた動く立体作品を制作するタムラサトルが、大阪のテヅカヤマギャラリーで個展「0-9(ゼロトゥーナイン)」を開催する。会期は9月8日〜10月7日。

ART マシーン#2 2016 鉄、チェーン、ベアリング、モーターほか 52.5×65.0×20.5cm

 タムラサトルは、映像や「キネティック・アート」と呼ばれる動く立体作品を中心に、物が持つ意味や機能を排除するような作品をつくり続けている。

 タムラが2010年から取り組んでいる代表シリーズ「マシーンシリーズ」は、文字や、ハートや星といった身近なシンボルを象ったチェーンが延々と一定の速度で動くというもの。タムラはこのシリーズで、機械が本来持つべき機能を排除し、「機械=有能性」という構図を真っ向から否定している。

 本展では、この「マシーンシリーズ」より、0から9の10個のアラビア数字をモチーフにした大小様々な作品を発表。一貫して「ただ動き続けるだけのもの」を制作してきたタムラによるシニカルな光景が展開される。

タムラサトル個展「0-9」インスタレーションビュー Photo by Takeshi Asano

information

タムラサトル「0-9(ゼロトゥーナイン)」展

会期:2017年9月8日〜10月7日
会場:テヅカヤマギャラリー
住所:大阪府大阪市西区南堀江1-19-27 山崎ビル2F
電話番号:06-6534-3993
開廊時間:12:00〜19:00
休廊日:日、月、祝

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします