×
NEWS / HEADLINE - 2017.8.1

「ドラえもん展」村上隆によるメインビジュアル公開! 奈良美智、増田セバスチャンの参加も明らかに

今年11月から開催される「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」の記者発表会が開かれ、追加アーティストや、村上隆によるメインビジュアルが公開された。

村上隆 出展作品 タイトル未定 © 2017 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co.,Ltd.All Rights Reserved. © Fujiko-Pro

 2002年以来、15年ぶりとなるドラえもんをテーマにした展覧会「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」が今年11月1日より六本木の森アーツセンターギャラリーで開催される。

 ドラえもん世代といえるアーティストたちが、「あなたのドラえもんをつくってください」をコンセプトに作品を制作する本展。参加アーティストは、すでに発表されていた26組に加えて奈良美智と増田セバスチャンの2組が発表され、全28組が出揃った。

 奈良美智、蜷川実花、福田美蘭、村上隆、森村泰昌の5組は、02年の「THE ドラえもん展」から引き続き参加。新作とともに前回の作品も展示する。また、展示の後半では「映画ドラえもん」をテーマに、若手アーティストたちの作品が展開される。一部を除き作品の写真撮影も可能となるなど、前回と比べ「2017年らしさ」を意識した展示になるという。

スクリーンに写し出される本展メインビジュアルとなる村上隆の作品(部分)

 本展のメインビジュアルとして公開された村上隆の作品は、縦3メートル×横6メートルにもおよぶ大作の絵画。村上のトレードマークといえる花のモチーフと、ドラえもんに登場する様々なキャラクターやひみつ道具、そして作者の藤子・F・不二雄のイラストが描かれている。

ビデオメッセージで今回の出品作について語る村上隆

 記者発表会では、本展の監修を務める美術評論家・美術史家の山下裕二と、子どもの頃からドラえもんに大きな影響を受けてきたという参加アーティストのしりあがり寿、西尾康之の3名によるクロストークも行われた。西尾が「ドラえもんは僕らにとって『環境』だ」と楽屋で話したこと受け、しりあがりは「今回の展覧会は、みんなで(日本の代表的な風景としての)富士山を描くようなもの。すごく自然なことだし、今やるべきこと」と本展への思いを語った。

(左から)山下裕二、しりあがり寿、西尾康之

 「ドラえもん」というテーマを通じて、絵画、彫刻、写真、メディアアート、書道など、様々な手法で制作された作品が集まる本展。28組のアーティストがドラえもんにどう挑むのか、注目だ。

本展ポスターとともに写る登壇者。しりあがり寿と西尾康之が手に持っているのは、壇上でそれぞれが描いたドラえもん

information

THE ドラえもん展 TOKYO 2017

会期:2017年11月1日〜2018年1月8日
会場:森アーツセンターギャラリー
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階
電話番号:03-5777-8600
開館時間:10:00〜20:00(火〜17:00)
料金:一般 1800円 / 中学生・高校生 1400円/ 4歳〜小学生 800円
参加アーティスト:会田誠、梅佳代、小谷元彦、クワクボリョウタ、鴻池朋子、後藤映則、近藤智美、坂本友由、佐藤雅晴、シシヤマザキ、篠原愛、しりあがり寿、中里勇太、中塚翠涛、奈良美智、西尾康之、蜷川実花、福田美蘭、増田セバスチャン、町田久美、Mr.、村上隆、森村泰昌+コイケジュンコ、山口晃、山口英紀+伊藤航、山本竜基、れなれな、渡邊希

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします