×
NEWS / EXHIBITION - 2017.2.18

篠原有司男が10年ぶり日本個展、アクション・ペインティングを披露

ボクシング・ペインティングで知られる篠原有司男の10年ぶりとなる日本での個展「我輩の絵にパンチが炸裂!」が、山本現代(東京・品川)で開催される。会期は3月11日〜4月22日。

篠原有司男 歌舞伎マイケル・ジャクソン 2009 キャンバスにアクリル 204×479cm ©Ushio Shinohara Courtesy of YAMAMOTO GENDAI

 1932年東京生まれの篠原有司男は、東京藝術大学在籍中に参加した「第7回読売日本アンデパンダン」展(1955年)をきっかけに、1960年に結成された反藝術運動を代表するグループ「ネオ・ダダイズム・オルガナイザーズ」の一員として作品を制作。当時、その常識を覆す激しいアクションや、モヒカン刈りといった奇抜な髪型でも注目を集めた。

 ジャスパー・ジョーンズや、ロバート・ラウシェンバーグの作品を模した「イミテーション・アート」シリーズや、日本の伝統的世界観とポップ・アートの表現を融合させ、極彩色で顔のない人物像を描いた「花魁」シリーズ、壮絶なタッチで描く油彩画や、ダンボールや廃材を素材にしたオートバイ彫刻など、これまで多彩な作品を次々に発表してきた。

 59年頃より、篠原の代名詞とも言える「ボクシング・ペインティング」を開始。丸めた布に墨汁を染み込ませ、布の上に落としたり、跡をつけたりと、対象と向き合い格闘する篠原は、身体的アクションに主眼を置き、数多くのパフォーマンスを実践。69年にニューヨークに渡った篠原は、現在も現地を拠点に活動を続けている。

 10年ぶりの日本個展となる本展では、2000年代初頭の作品を中心に「ボクシング・ペインティング」の大型作品を展示。初日には、85歳を迎えた作家による「ボクシング・ペインティング」のパフォーマンスも予定している。

information

会期:2017年3月11日〜4月22日
会場:山本現代
住所:東京都品川区東品川1-33-10 3階
電話番号:03-6433-2988
開館時間:11:00~18:00(金は20:00まで)
休館日:日月祝

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします