×
NEWS / HEADLINE - 2017.10.25

写真を通してジェンダーを考える。
森栄喜らによるトークイベントが
銀座 蔦屋書店で開催

『美術手帖』11月号のジェンダー特集に関連して、11月13日に銀座 蔦屋書店でトークイベントが開催される。出演は、写真家の森栄喜と、東京都写真美術館学芸員の伊藤貴弘(予定)。

(左から)森栄喜、伊藤貴弘

 現在発売中の『美術手帖』11月号では、アートにおけるジェンダーやセクシュアリティをとりあげる「GENDER IS OVER!?」特集を掲載している。これに関連して、11月号の表紙写真とインタビューに登場した写真家の森栄喜と、東京都写真美術館学芸員の伊藤貴弘(予定)によるトークイベントが開催される。

『美術手帖』2017年11月号表紙

 森は、第39回木村伊兵衛賞を受賞した写真集『intimacy』(2013)など、セクシュアリティや性差を主題に作品を制作してきた。最新作の「Family Regained」は、様々な家族に森自身が入り込み、セルフタイマーで撮影した「家族写真」のシリーズ。血を想起させる真っ赤な画面を用い、多様な形態を持つ今日の家族像を浮かび上がらせている。

森栄喜 「Family Regained」シリーズより

 いっぽう伊藤は、東京都写真美術館で開催中の「長島有里枝 そしてひとつまみの皮肉と、愛を少々。」を企画。長島有里枝もまた、写真を通して社会における「家族」や「ジェンダー」のあり方を問い続けてきた写真家だ。また伊藤は、森の「Family Regained」の撮影にも立ち会っている。

 本作「Family Regained」をはじめとし、写真におけるジェンダーやセクシュアリティ、これからの家族像などをめぐる貴重な対談を聞くことのできる機会となりそうだ。

information

トークイベント『美術手帖』11月号「GENDER IS OVER!?」特集

日時:2017年11月13日 19:30〜21:00
会場:銀座 蔦屋書店 BOOK EVENT SPACE
住所:東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6F
登壇者:森栄喜(写真家)、伊藤貴弘(東京都写真美術館学芸員)※予定
定員:50名
料金:イベント参加券 2000円 / 『美術手帖』11月号+イベント参加券セット 2728円
申込:店頭、電話(o3-3575-7755)、オンラインショップ(https://store.tsite.jp/)にて受付中
※詳細は、銀座 蔦屋書店イベントページ(https://store.tsite.jp/ginza/event/art/1060-1504541022.html

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします