×
NEWS / HEADLINE - 2017.5.1

150組のクリエイターがSPIRALに大集合!ノンジャンルのアートフェスティバル「SICF18」開催

南青山の複合文化施設・SPIRALで毎年開かれているアートフェスティバル「SICF」が、今年もゴールデンウィークに合わせて開催。18回目を迎える今回は、出展者数を大幅に増やし、新たにパフォーマンスプログラムも実施するなど、さらに充実した内容となる。

(左上) 「SICF17」会場風景 撮影 市川勝弘(右上)「SICF18」 B 日程 SENSESCAPE DESIGN Lab. 作品 (左下)「SICF18」 A 日程 山田勇魚 作品
(中下)「SICF18」 C 日程 音鼓子 作品 (右下)「SICF18」 C 日程 加藤千佳 作品

 「SICF」(スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル)は、公募によって選出された若手クリエイターたちが一堂に会する、ゴールデンウィーク恒例のアートフェスティバル。第18回を迎える今回は、出展者数を従来の100組から150組に拡大し、3会期6日間にわたって開催される。

 絵画、立体・インスタレーション、写真、メディアアート、ファッション、工芸や、それら既存のジャンルにとらわれない多彩な作品が出展され、クリエイターたちが活発なプレゼンテーションを展開する。会期の最後には、審査員や来場者の投票により優秀作品が選ばれ、グランプリ受賞者にはスパイラルでの個展開催などの機会が与えられる。

スパイラルガーデン

 今回から、公募形式のパフォーマンスプログラム「SICF18 PLAY」 も新たに実施。若手パフォーマーが、スパイラルガーデン(スパイラル1F)の直径10mの円形空間を舞台に、20分以内で自由に表現を行う。

 また、会期中は、SICF17受賞者展が同時開催されるほか、審査員やゲストによるトークプログラムや、SICF17受賞者を中心としたクリエーターによるワークショップ、パフォーマンスなども多数開催される。

information

SICF18
(第18回 スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル)

会期:2017年5月2日〜7日
[A日程] 5月2日〜3日(50組)
[B日程] 5月4日〜5日(50組)
[C日程] 5月6日〜7日(50組)
会場:SPIRAL
住所:東京都港区南青山 5-6-23
電話番号:03-3498-1171
開館時間:11:00〜19:00
審査員:石田尚志 (画家・映像作家、多摩美術大学准教授)
栗栖良依(SLOW LABEL ディレクター)
張熹(藝倉美術館 チーフディレクター)
中村茜(株式会社プリコグ代表、パフォーミングアーツプロデューサー)
森永邦彦(ANREALAGE デザイナー)
藪前知子(東京都現代美術館 学芸員)
大田佳栄(スパイラルチーフキュレーター)
入場料:[一般] 1日券500円 / 通し券1000円
[学生] SICF公式Facebook、twitterに「いいね!」「フォロー」で無料(要学生証提示)
※ スパイラルホール、スパイラルホール ホワイエ(スパイラル 3F)のみ要入場料
※中学生以下無料
 
【同時開催】
SICF17受賞者展
会期:2017年5月2日〜7日
会場:スパイラルガーデン(スパイラル 1F)
開館時間:11:00〜20:00
出展者:江頭誠、後藤映則、高木あすか、FUKUPOLY、江藤友理子、
橋本美和子、MIWAKAKUTA、植松京子、山内沙也果

event

SICF18 PLAY
日時:5月3日 13:00〜15:50、5月5日 13:00〜16:20、5月7日 12:00〜15:20
会場:スパイラルガーデン(スパイラル 1F)
審査員 : 栗栖良依、中村茜、大田佳栄、小林裕幸(スパイラル館長、シニアプロデューサー)
観覧料:無料
 
【SICFトーク】
会場:スパイラルホール ホワイエ(スパイラル 3F)
※すべて参加無料、申込不要。ただし、「SICF18」の入場券(1日券500円)が必要
 
「なぜデザインするのか?」
日時:5月2日 17:30〜18:30
登壇者:大黒大悟(日本デザインセンター大黒デザイン研究室)
 
「作家として作り続けるために」
日時:5月4日 15:30〜16:30
登壇者:石田尚志
 
「劇場だけが舞台じゃない、『演劇』ってこれからどうなるの?」
日時:5月6日 15:00m〜16:00
登壇者:中村茜、林千晶(株式会社ロフトワーク 代表取締役)
 
「広げる、伝える、届ける。アートをつなぐお仕事」
日時:5月7日 15:30〜16:30
登壇者:藪前知子、工藤千愛子(ヨコハマトリエンナーレ 2017 コーディネーター)
※トークは全て参加無料、申込不要。ただし、「SICF18」の入場券(1日券500円)が必要となります。

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします