NEWS / EXHIBITION - 2017.3.24

創立10周年を迎えたライゾマティクスの軌跡をたどる展覧会がSPIRALで開催

表参道のスパイラルガーデンにて、「Rhizomatiks(ライゾマティクス)」の創立10周年を記念した展覧会「Rhizomatiks 10」が開催される。会期は4月19日〜30日。

Rhizomatiks Research border Photo by Muryo Homma(Rhizomatiks Research)

Rhizomatiks Research border Photo by Muryo Homma(Rhizomatiks Research)

 2006年に設立され、最新テクノロジーを使ってメディアアートやデザイン、広告など領域横断的な活動を展開してきたライゾマティクス。エンジニア、デザイナーやプランナーなど、幅広い分野のスペシャリストで構成され、プランニングから制作までプロジェクトのすべてを担う「フルスタック集団」として国内外で注目を集めている。

 2016年からは、デジタル表現を研究し、エンターテインメントに拡張する「Research」、新たな建築の概念を提示する「Architecture」、デジタル技術を駆使してソリューションを探る「Design」の三部門に分かれて新体制で活動。会期直前の4月16〜17日には、東京ドームシティ(水道橋)内に今春オープンする多目的ギャラリー「Gallery AaMo」(ギャラリー アーモ)にて、「Research」とダンスカンパニー「ELEVENPLAY」とのコラボレーションによるダンス・インスタレーション公演「Rhizomatiks Research x ELEVENPLAY Dance Installation at Gallery AaMo」も予定されている。

 本展は、ライゾマティクスの創立10周年を記念した展覧会として、これまで手がけてきた多様な活動を俯瞰的に紹介する企画となる。