×
NEWS / EXHIBITION - 2017.4.5

荒木経惟が見せる「死」への意識。シャネル銀座でギメ東洋美術館とのコラボレーション展開催

銀座のシャネル・ネクサス・ホールで写真家・荒木経惟の作品と、フランス・パリのギメ東洋美術館写真コレクションがコラボレーションした展覧会「東京墓情 荒木経惟×ギメ東洋美術館」が6月22日より開催される。

Nobuyoshi Araki, "Tombeau Tokyo", 2016, gelatin silver print © Nobuyoshi Araki / Courtesy of Taka Ishii Gallery

 日本を代表する写真家・荒木経惟は、緊縛ヌードをはじめ、東京の街の風景、今は亡き妻・陽子を写したポートレート、苦楽をともにした愛猫・チロなど、様々な対象を被写体にしながら、独自の死生観を鮮明に映し出してきた。

 そんな荒木は2016年に東洋美術専門の美術館としてヨーロッパ最大規模のフランス国立ギメ東洋美術館(パリ)で大規模個展「ARAKI」を開催、大きな注目を集めた。

 本展では、ギメ東洋美術館で発表した回顧的撮り下ろし新作「東京墓情」シリーズを日本で初公開。同シリーズは荒木が「死」への意識を抱きながら、自らの写真家人生を振り返るものとして制作されたという。また今回は、ギメ東洋美術館コレクションのなかから、荒木自身がセレクトした幕末・明治期の写真をあわせて展示。加えて、本展のための撮り下ろし新作も発表される予定。

 大病を乗り越え、70代後半を迎えてなお、新たな境地を開拓し続ける“アラーキー”の現在を堪能したい。

information

東京墓情
荒木経惟×ギメ東洋美術館

会場:シャネル・ネクサス・ホール
住所:東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4階
電話番号:03-3779-4001
開館時間:12:00~20:00
休館日:無休
入館料:無料

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします