×
NEWS / EXHIBITION - 2017.3.2

モノクロのグラデーションが生み出す物語。画家・五木田智央の新展開

六本木のタカ・イシイギャラリーにて、五木田智央(ごきた・ともお)による新作個展「Holy Cow」が開催される。会期は3月18日〜4月15日。

五木田智央 記念撮影 2017 © Tomoo Gokita

 1990年代、イラストレーションや商業デザインの領域で人気を集めた五木田智央。人物像のシリーズがアメリカで注目されたことをきっかけに画家としての評価を高め、現在では国内外で美術作家として活躍するほか、音楽やファッションの領域でも活動する。
 
 五木田は、紙に即興的に描かれたドローイングや、モノクロのペインティングで知られる。活動初期よりインスピレーション源となってきたのは、1960〜70年代のアメリカのプロレス、メキシコのポルノ雑誌、ホラー映画といったカルチャー。特徴的にデフォルメされたモチーフを、モノクロのシャープなグラデーションや、コラージュ的なスタイルを用いて表現する。

 本展では、ペインティング作品15点を展示予定。紙のドローイング作品で扱ってきた主題や手法を取り入れた、最新作が発表される。

information

会期:2017年3月18日〜4月15日
会場:タカ・イシイギャラリー 東京
住所:東京都港区六本木6-5-24 complex665 3F
電話番号:03-6434-7010
営業時間:11:00〜19:00
定休日:日、月、祝

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします