AdvertisementAdvertisement
2024.1.29

クリムトの晩年の作品が約100年ぶりに公開。4月に競売へ

グスタフ・クリムトの晩年の作品で1925年以来公開されていなかった肖像画が、1月25日にオーストリア・ウィーンで発表された。今年4月には競売に掛けられるという。

グスタフ・クリムト リーザー嬢の肖像 1917 出典=イム・キンスキーウェブサイト(https://imkinsky.com/en/press/rediscovered-portrait-of-a-young-female-by-gustav-klimt-offered-in-special-auction-at-viennas-auction-house-im-kinsky)

 オーストリアの画家グスタフ・クリムト(1862〜1918)の晩年の作品で、1925年以来公開されていなかった肖像画が、1月25日にオーストリア・ウィーンで発表された。

 作品は1917年に描かれた《リーザー嬢の肖像》。これはユダヤ系の実業家リーザー家の依頼で描かれたもので、18年2月6日にクリムトが死去した際、クリムトは未完成のままこの絵をアトリエに残した。クリムトの死後は、この絵は依頼した家族の手に渡っている。そして25年の展覧会に出品されて以来、同作は白黒の写真でしかその存在を確認されていなかったという。

 ウィーンの競売会社「イム・キンスキー」によると、同作はこれまでオーストリア市民による個人蔵となっており、一般公開はされていなかったものだという。そして、「同作の再発見はセンセーショナルを巻き起こしており、これほど稀少性、芸術的意義、価値のある絵画の出品は、中央ヨーロッパ美術品市場でも数十年ぶりだ」とリリースで述べている。

 なお、同作は4月24日のオークションにて競売を掛けられる予定となっており、落札価格は3000〜5000万ユーロ(約48〜80億円)と予想されている。競売前には作品の世界巡回も予定されており、スイス、ドイツ、イギリス、香港で事前公開されるという。