NEWS / HEADLINE - 2019.1.30

チームラボが創業145周年「明治座」の緞帳をデザインへ。刻々と変わる緞帳とは?

株式会社明治座は、東京でもっとも長い歴史を持つ劇場「明治座」の創業145周年を記念し、チームラボとコラボレーションした新しい緞帳を常設することを発表した。2019年4月11日より一般公開される。

現在の明治座の緞帳

 2018年に創業145周年を迎えた明治座は、東京でもっとも長い歴史を持つ劇場として年代を問わず多くの人々に愛されてきた。そして今回、4年後に控えた150周年へ向けた新規事業の幕開けとして、チームラボとタッグを組み、デジタルテクノロジーを用いた新緞帳を常設することを明らかにした。

 今回新たに常設される緞帳は、「刻々と画が移り変わる緞帳」。伝統的な緞帳のきめ細やかな装飾を、デジタルテクノロジーによる映像表現で再構築し、4K解像度と同等の高画質で制作される。

現在の明治座内観客席

 緞帳のサイズは縦7×横20メートル。緞帳には、明治座が誕生した文明開化ごろの喜昇座(当時の明治座)を中心とした、日本橋の町並みと人々の営みが再現される。緞帳の中の景色と人々の営みは、実際の時間や季節、天候に連動して、刻々と変化。実際の日の出とともに明るくなり、日の入りが近づけば夕焼けに、夜が深くなれば暗くなり、実際に雨が降れば緞帳の中の世界でも雨が降る、というもの。

 この新緞帳について、明治座代表取締役社長・三田芳裕は「明治座がこれまで大事にしてきた『伝統』とつねに新しいものに挑戦し続ける『革新』の姿勢を融合させた『伝統×革新』を体現するような作品となります」とコメントしている。