NEWS / EXHIBITION - 2018.9.10

フィンランド・ヘルシンキに新美術館Amos Rexがオープン。こけら落としのチームラボ展は4日間で来場者1万人を記録

2018年8月30日、ヘルシンキ中心地に美術館Amos Rex(アモス・レックス)がオープン。オープニング展としてチームラボの個展「teamLab: Massless」が開催され、オープンから4日間で来場者1万人を記録した。

チームラボ Vortex of Light Particles 2018

 美術館「Amos Rex(アモス・レックス)」が、2018年8月末にヘルシンキ中心地にオープンした。

 JKMM Architects設計による、2170平米もの展示空間を地下に有するこの美術館。子供・若者向けのワークショップを基軸に、実験的な現代美術から20世紀のモダニズムや古代文化にいたるまで、幅広い展覧会プログラムを展開してく予定だという。

チームラボ Graffiti Nature: Lost, Immersed and Reborn 2018

 そして同館のオープニング展として、チームラボの「teamLab: Massless」が開かれている。デジタルによって物質から解放される「Massless(質量ゼロ)」の表現をテーマとした本展では、美術館の特徴的な曲面の天井を活用。新作を含む5作品が展示され、30日のオープンから4日間ですでに来場者1万人を記録ている。

チームラボ Graffiti Nature: Lost, Immersed and Reborn 2018