NEWS / EXHIBITION - 2019.6.12

タカ・イシイギャラリーが開廊25周年記念展「Survived!」を都内3会場で開催。所属作家35名が新作や未発表作品を展示

タカ・イシイギャラリーが開廊25周年を記念して、同ギャラリーの所属作家35名によるグループ展「Survived!」を、タカ・イシイギャラリー 東京、ビューイングルーム、フォトグラフィー/フィルムの都内3会場で同時開催する。国際的に活躍する作家を多く抱える同ギャラリーの歩みの一端を見たい。会期は6月25日〜7月27日。

メインビジュアル

 タカ・イシイギャラリーが開廊25周年を記念して、同ギャラリーの所属作家35名によるグループ展「Survived!」を、タカ・イシイギャラリー 東京、ビューイングルーム、フォトグラフィー/フィルムの都内3会場で同時開催する。

 ギャラリストの石井孝之は、1980年代にロサンゼルスでファインアートを学ぶ傍ら、プライベート・ディーラーとして活動。同時代の美術動向を紹介する場として、94年に東京・大塚にタカ・イシイギャラリーをオープンした。

 こけら落としのラリー・クラーク展「タルサ/ティーンエイジ・ラスト/フォトコラージュ/ビデオ」展は大きな反響を呼び、同展をきっかけに石井は荒木経惟と出会うことになる。その後荒木は94年の初個展「濹汁綺譚と陰毛礼讃」を皮切りに、同ギャラリーで27回の個展を開催してきた。

 また95年に開催された森山大道の初個展にあわせて刊行した写真集『Imitation』は、ギャラリーが出版事業を手がける契機となり、現在その刊行部数は50タイトルを超える。90年代後半には、ジャック・ピアソンやクリストファー・ウールら海外作家の個展をいち早く開催し、2000年には当時まだ珍しかった映像作品の展示を行うなど、国内外問わず、キャリアやメディウムなども様々な作家とともに多彩なプログラムを四半世紀にわたり展開してきた。

 この開廊25周年を記念する本展では、今回のために制作された新作や未発表作品を中心に構成される。国際的に活躍する作家を多く抱える同ギャラリーの歩みの一端を見たい。