• HOME
  • EXHIBITIONS
  • タカ・イシイギャラリー 開廊25周年記念グループ展: Su…
EXHIBITIONS

タカ・イシイギャラリー 開廊25周年記念グループ展: Survived!

メインビジュアル

 荒木経惟や森山大道ら日本を代表する写真家をはじめ、五木田智央や村瀬恭子ら画家、新進気鋭の日本人作家の作品を国内外に紹介してきたタカ・イシイギャラリーが開廊25周年を迎える。

 タカ・イシイギャラリーは1994年開廊。アート・バーゼルやフリーズ・アートフェアといった主要なアートフェアにいち早く参加し、日本に向けては国際的に活躍するアーティストから今後の活躍が期待される若手作家まで、欧米の現代美術動向を伝える展覧会を積極的に開催してきた。

 その25周年を記念したグループ展「Survived!」では、総勢35名のアーティストが集結。タカ・イシイギャラリー 東京とタカ・イシイギャラリー 東京 ビューイングルーム、写真・映像作品を専門に扱ってきたタカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムの3会場で同時開催される。

 参加作家は、荒川医荒木経惟、トーマス・デマンド、エルムグリーン&ドラッグセット、ルーク・ファウラー、マリオ・ガルシア・トレス、五木田智央、畠山直哉、法貴信也、石田尚志伊藤存、サーニャ・カンタロフスキー、川原直人、アネット・ケルム、木村友紀、クサナギシンペイ、桑山忠明、ショーン・ランダース、前田征紀、ヘレン・ミラ、森山大道、村上華子、村瀬恭子、野口里佳、ウィリアム・J・オブライエン、シルケ・オットー・ナップ、スターリング・ルビー、杉浦邦恵、鈴木理策、武田陽介、竹村京、マリア・タニグチ、登山博文、クリストファー・ウール、ケリス・ウィン・エヴァンス。