×
INSIGHT - 2017.5.30

最先端のラブドールを篠山紀信が撮り下ろした『LOVE DOLL×SHINOYAMA KISHIN』が発売中

完璧な容姿をもつオリエント工業のラブドール。時代の最先端を行くその造形は、世界で高く評価されている。そんなラブドールに光を当てた篠山紀信の写真集『LOVE DOLL×SHINOYAMA KISHIN』が、小学館から刊行されている。

文=山内宏泰
「LOVE DOLL×SHINOYAMA KISHIN」 © Kishin Shinoyama

ラブドール×篠山紀信が未来を予見する

 いつだって時代の特等席に座り、そこから見える光景をカメラに収める。この半世紀、ずっと「時代のいいとこどり」をしてきたのだと篠山紀信は公言する。

 そんな写真家が「今」を眺め渡したとき、目に留まったのはラブドールだった。男性が観賞と愛玩、そして性的対象とする等身大の人形。なぜこれが時代の先端? そう考える向きは、この分野の驚くべき進歩を知らないのだ。最高品質のラブドールは現代技術の粋を集めてつくられ、完璧な容姿と理想的な肌合いを持ち、本物の女性と見まごうばかり。100万円を下らない価格でも十分納得できる完成度。古来より脈々と続いてきた、ヒトのかたちを模す造形行為の一つの到達点だ。5年前ではまだ改善の余地があったし、5年後だと人工知能が搭載されてロボット化が進むやもしれぬ。ラブドールはまさに今がピークであり、旬のものを好物とする篠山紀信の触手が動くのは、至極当然なのである。

「LOVE DOLL×SHINOYAMA KISHIN」 © Kishin Shinoyama

 最先端のラブドールを何体も動員して、和室や廃屋、山深い川辺で撮影が重ねられ、それらを1冊に編んだのが写真集LOVE DOLL×SHINOYAMA KISHIN』。生身の女性モデルも混ざって写り込んでいたりするのだが、ドールと人の区別がかなり難しい。いや、実際いくつかのカットでは、どれがドールであり人なのか、目を凝らしても判然とせず驚かされる。

「LOVE DOLL×SHINOYAMA KISHIN」 © Kishin Shinoyama

 撮影現場で判別できないことは、さすがにないだろう。だが写真になってしまうと、時にモノとヒトはどこまでも混ざり合う。これは篠山が今作で、意図してやったことでもある。ドールに対しては、視線の位置や手指のしぐさなど細部まで突き詰めてポージングを施し、人間らしさを強調した。いっぽうで生身のモデルには、表情を消して固定したポーズをとるよう要求してある。結果、両者がごく自然に近づき融合する画面が生まれた。

 それは見る側にどこか落ち着かない、どぎまぎした気分を強いる。能力を高めて人に近づく人工知能に、人間は近く追い越され駆逐される……。誰もが漠然と抱くそんな不安と、諦めからくる倒錯した陶酔感が呼び起こされるのだろう。それこそ、篠山紀信が今作の写真で切り取ってみせた「今の気分」なのだ。

『美術手帖』2017年6月号「INFORMATION」より)

information

『LOVE DOLL×SHINOYAMA KISHIN』

小学館|3900円
写真家・篠山紀信(1940年東京都生まれ)が「ラブドール」を撮りおろした写真集。被写体である「ラブドール」は、オリエント工業が製造する男性向けの愛玩製品。東京藝術大学大学院を修了したチームによるその造形は、国際的に高く評価されている。また日本美術史家・山下裕二による解説「『ヒトガタ』の日本美術史」も収録。

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします