×
INSIGHT - 2017.4.29

エルミタージュの歴史を紐解く。
映画『エルミタージュ美術館 
美を守る宮殿』

世界3大美術館の一つとして、数々の名作を所蔵しているエルミタージュ美術館。激動の時代を生き抜いてきた美術館の歴史を、多くのドキュメンタリー映画を手がけてきたマージー・キンモンスが映像化。

文=藤原えりみ
映画『エルミタージュ美術館 美を守る宮殿』より Hermitage Revealed ©Foxtrot Hermitage Ltd. All Rights Reserved.

ロシアの歴史そのものを映すエルミタージュ美術館

 世界の名だたる「美の殿堂」のひとつとして知られるエルミタージュ美術館。ロマノフ王朝時代は王宮であったため、美術館としての一般公開はロシア革命後の1917年なのだが、女帝エカテリーナ2世が本格的な美術品コレクションに乗り出した1764年が美術館創立年とされている。2014年に製作された創立250周年を記念するドキュメンタリーである。

 まずはひとりの少年に導かれて、私たちはエルミタージュ内部に入っていく。赤や黄色、金などのきらびやかなロココ風の繊細華麗な室内装飾に、ここがかつてまさに王宮であったことを実感する(王宮としての役目を17世紀に終え、現代的展示空間としての改修を施されたルーヴルにはもはや王宮の面影はない)。壮麗な空間とロシア帝国の威信をかけて収集された作品群をとらえつつ、映画はロマノフ王朝の繁栄からロシア革命、スターリン時代の状況、そして現在へと歴史的背景を丹念に追っていく。

映画『エルミタージュ美術館 美を守る宮殿』より Hermitage Revealed ©Foxtrot Hermitage Ltd. All Rights Reserved.

 なかでも第2次世界大戦中のレニングラード包囲戦のありさまは衝撃的だ。ドイツ軍の侵攻をキャッチした美術館関係者たちは、作品の多くを事前にウラル山脈に疎開させ、美術館の地下に避難。だが900日近くに及ぶ長期の包囲により物資が絶たれ、ベルトや靴底などの革、飼い猫まで食料にせざるを得なかった。そうした状況のなか前線から戻ってきた兵士たちが美術館を訪問。そこにあるのは額のみが並ぶ空っぽの展示室だ。だが、「これはレンブラント、これは……」という解説を聞きながら、兵士たちは感嘆の溜息を漏らしたという(森村泰昌の《Hermitage 1941-2014》は、このときのエピソードに触発されて制作されたもの)。

 戦後もスターリン体制下では、職員や当時の館長(現館長ミハイル・ピオトロフスキーの父親)が強制収容所に送られたり、所蔵品が売却されたりと苦難が続いた。親子2代にわたり美術館を支えてきた館長は「エルミタージュはロシアの歴史そのものなのです」と語る。簡素だが、忘れがたい言葉である。

 (『美術手帖』2017年5月号「INFORMATION」より)

information

映画『エルミタージュ美術館 美を守る宮殿』

公開:4月29日よりヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国順次公開中
監督:マージー・キンモンス
配給:ファインフィルムズ
 
ニューヨークのメトロポリタン美術館、パリのルーヴル美術館とともに、世界3大美術館と言われる世界最大最古の美術館のひとつ、エルミタージュ美術館の歴史を追ったドキュメンタリー。現役館長や学芸員、同館 で展示を経験したアーティストなど、様々な関係者の証言をもとに、エルミタージュ美術館が今日まで存続してきた理由を明らかにする。監督は数々のドキュメンタリー映画を手がけてきたマージー・キンモンス。4月29日よりヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国順次公開。

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします