×
NEWS / HEADLINE - 2017.6.21

窓枠がギャラリーに?
恵比寿に新たな表現の場「CAGE GALLERY」がオープン

ファッションブランド「Hender Scheme」(エンダースキーマ)を展開するライコスが、東京・恵比寿に新ギャラリー「CAGE GALLERY」をオープンさせた。

4月28日から6月9日に行われたプレオープンエキシビション「Hender Scheme "leather rugs"」の様子

 「CAGE GALLERY」は恵比寿にある建物の、2つの窓枠をそのまま展示空間として転用した、新たなギャラリー。

 「CAGE」には「鳥かご」「枠組み」といった意味のほかに、「公に掲げ示す」という解釈もあり、街中にアートを提示する役割を担う。運営するライコスはこのギャラリーについて「いま起きる出来事に対し、既存の評価や分野の枠組みを取り払い、フラットな眼差しで活動してゆければと思います」としている。

4月28日から6月9日に行われたプレオープンエキシビション「Hender Scheme “leather rugs”」の様子

 7月1日からは現在東京を拠点に活動している1981年生まれの写真家・矢島陽介の個展「anonymous works」を開催。また、8月から9月の約2か月は美術家・原田裕規の「キュレーション展(タイトル未定)」を、また10月にはGottinghamによる「パラノーマル・スタディーズ(タイトル未定)」を開催する。

 公共空間に開かれた2つの枠がどのような発展を見せるのか、注目したい。

矢島陽介 a way of seeing 2017

information

矢島陽介「anonymous works」

会期:7月1日〜30日
会場:CAGE GALLERY
住所:東京都渋谷区恵比寿2-16-8
開廊時間:24時間展示(照明は20時に消灯)
休廊日:会期中無休

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします