NEWS / EXHIBITION - 2019.7.22

イギリスを代表するバンド「The Cure」の写真展がアニエスベー ギャラリー ブティックで開催。リチャード・ベリアが撮り下ろす彼らの顔とは

イギリスを代表するバンド「The Cure」の写真展が、東京・南青山のアニエスベー ギャラリー ブティックで開催される。作品はすべてフランス人写真家、リチャード・ベリアが撮影。会期は7月25日〜9月8日。

本展メインビジュアル

 フランス人写真家、リチャード・ベリアによる写真展「THE CURE(ザ・キュアー)」が、東京・南青山のアニエスベー ギャラリー ブティックで開催される。

 リチャードは1980年より写真家としての活動をスタート。イギリスの音楽誌『MELODY MAKER』で働き始めたことをきっかけに、イギリスを拠点に、ジャンルを問わず様々なミュージシャンを写真に収めてきた。

 本展ではタイトルの通り、リチャードが写真家としての活動を始める起点となった被写体であり、いまもなお多くのファンに支持されるイギリスのバンド「The Cure」を撮影した作品が並ぶ。

 「The Cure」は、ニュー・ウェイヴが隆盛を見せた78年に結成され、世界中でカルト的な人気を誇るフロントマン、ロバート・スミスを中心に、幾度かのメンバーチェンジを経て現在も活動中。本展の開催中にスタートする日本最大級の野外ロックフェスティバル「FUJI ROCK’19」にも約6年ぶりの出演が決定している。

 7月24日からは、本展のメインビジュアルを使用したポスターと、リチャードのキャリアを振り返る写真集『Un œil sur la musique 1980-2016』も限定発売される。