NEWS / EXHIBITION - 2019.1.6

日本の近代美術を代表する孤高の画家。岸田劉生の名品が揃う展覧会が東京ステーションギャラリーで2019年8月に開催

日本近代を代表する画家、岸田劉生。没後90年を記念し、年代を追ってその画業を紹介する展覧会が東京ステーションギャラリーで開催される。会期は2019年8月31日〜10月20日。

岸田劉生 麗子微笑 1921年10月15日 重要文化財 東京国立博物館蔵 Image: TNM Image Archives ※山口会場、名古屋会場のみ出展

岸田劉生 麗子微笑 1921年10月15日 重要文化財 東京国立博物館蔵 Image: TNM Image Archives ※山口会場、名古屋会場のみ出展

 日本の近代を代表する画家・岸田劉生(1891〜1929)。その画業を通覧する展覧会「没後90年記念 岸田劉生展」が、2019年8月に東京ステーションギャラリーで開催される。

 劉生は東京・銀座に生まれ、黒田清輝が主宰する白馬会葵橋洋画研究所で油彩を学んだ。ゴッホやゴーギャンなどの後期印象派の作品に衝撃を受け、1912年に斎藤与里、高村光太郎らとヒユウザン会を結成。激しいタッチと鮮烈な色彩による作品を発表し、画家としての出発点となった。

 ところがその後、劉生は後期印象派風の表現に疑問を持ち、写実の道の探求を始める。《B.L.の肖像(バーナード・リーチ像)》など、友人をモデルとした人物画を相次いで手がけるようになり、その様子は「劉生の首狩り」と言われるほどだったという。

岸田劉生 黒き土の上に立てる女 1914年7月25日 似鳥美術館蔵

 細密な描写による写実表現を確立した劉生は、その後も人間への探求を続ける。18年には、5歳の娘・麗子を初めて描いた《麗子肖像(麗子五歳之像)》を完成。また、《道路と土手と塀(切通之写生)》など人間と自然の葛藤を問う作品を手がけ、写実表現によって「内なる美」を探し求めた。

岸田劉生 道路と土手と塀(切通之写生) 1915年11月5日 重要文化財 東京国立近代美術館蔵
※東京会場、山口会場のみ出展

 その後も毎年成長する麗子の像を描きながら、次第に写実だけでなく水彩画や素描も制作するようになった劉生。東洋的な写実表現として「卑近の美」を見出し、日本画の技術を習得する。瑞々しい風景画を制作し、「新しい道」への一歩を踏み出したかに見えたが、病気により38歳の若さで急逝。絵画の道は途絶することとなる。

岸田劉生 路傍秋晴 1929年11月 吉野石膏株式会社蔵

 本展ではこうした劉生の画業の変遷をたどるため、画面上のサインなどをもとに作品を制作年順に構成する。また、誰もが知る《麗子像》の数々も紹介。日本の近代美術の流れのなかで、劉生が独自に切り開いていった作品世界に迫る内容となっている。

 なお本展は東京ステーションギャラリーの後、山口県立美術館、名古屋市美術館への巡回が決定している。