×

絵画の時間の裏側に立つ。中尾拓哉が見た庄司朝美

トーキョーワンダーサイト渋谷にて、公募展「トーキョーワンダーウォール」の入選者による展覧会が開催された(2017年1月7日〜2月5日)。そのなかから、透明アクリル版を支持体として人物を描く庄司朝美の「夜のうちに」と題された展示を、中尾拓哉がレビューする。

文=中尾拓哉
庄司朝美 16.11.29 2016 アクリル板に油彩 200×200cm 撮影=加藤健 © Tokyo Wonder Site

中尾拓哉 新人月評第12回
「TWS-Emerging 2016
[第6期]庄司朝美」展
24時間の出来事

 二つに分かれた透明な支持体の上で、隔てられながらも重なり合おうとする男女。暗闇から突き出る拳、割れるガラス。上部には涙を流す女性、下部には横たわり内臓が透けた身体をもつ男性が描かれている。

 TWS-Emerging 2016の最終回となる第6期として稲川江梨、赤池千怜、そして庄司朝美が展示を行った。それぞれに個別のテーマを掲げ、3つの個展が並存する。「夜のうちに」、庄司のスペースにはそう題され、絵画が大々的に展示された一室と会期中にも制作が行われる作業机の置かれた一室に分かれている。

庄司朝美「夜のうちに」の展示風景 撮影=加藤健 © Tokyo Wonder Site

 作品は、透明アクリル板を支持体とし、夢の中で起きた出来事であるかのように、黒を基調にした、夜に潜む人間の暗がりを描いたものに見える。薄い支持体に重ねられたストロークによって、絵具が積み上げられ、描き出そうとする像の在り処へと向かい、掘り下げられていく。色、形、素材とあらゆる構成要素はつくり出された空間を確かめる手がかりとなるが、その絡まりは、必ずしも意図によるものではない。描いているものと描かれているものの微差が探索され、そこで未知のバランスが調停されようとしているのである。どこまでたどれるかは不明であるにせよ、それでも残された作品は現時点において描き手が入り込んだ領域に等しい。

庄司朝美 16.12.16 2016 アクリル板に油彩 91.8×72.9cm 撮影=加藤健 © Tokyo Wonder Site

 作品は日付によって識別されているが、庄司はこれらを1日1枚のペースで描いたと言う。なるほど、そこには日付が記されている。しかし、それを追っていくと、数字が逆になっているものがあることに気づく。いや、実際にはすべての絵画は裏返された状態で展示されている。アクリル板の表面には鑑賞者の姿が反射しており、そこから透明なほんの数ミリの厚さを隔て、描き手が入り込んだ空間における物理的なプロセスの始点、絵画平面のもっとも奥にあるものを見ていたことになる。鑑賞者は絵画にかけられた時間の裏側に立っているのである。

庄司朝美 16.11.21 2016 アクリル板に油彩 200×100cm 撮影=加藤健 © Tokyo Wonder Site

 それは、絵画の向きを逆さに見て抽象性を取り出させる驚きよりも、パレットにしていたガラスの裏側から絵具を見たある画家の気づきに近いのかもしれない。絵画に作者を超えた解釈を呼び込むことではなく、まるで消化器官を透かすように、物体の内部を晒すこと。とはいえ、終わりのない作品鑑賞の手がかりとなるのは、目の前にある作品に宿った論理性/非論理性であることに変わりはない。そうした結節点は表層に丸出しになっている場合と、深層にあり隠れている場合がある。しかし完成という状態もまた、長期的に見れば、句読点であるかのように、別のプロセスへの連続に他ならないであろう。庄司が自身の作業机とともに見せるストロークの裏側とは、そのいずれにも属さない、完成された作品の最中にある、もっとも薄い層なのである。

庄司朝美 16.12.2 2016 アクリル板に油彩 22.9×59cm 撮影=加藤健 © Tokyo Wonder Site

 透ける身体とそれを覆う黒。庄司が入り込み、24時間をかけて描き出した夜の景色は、絵画の裏側であるところの、何も描かれていない朝の景色の向こう側にある。そこで、描き手が見た絵画空間と、鑑賞者が見る絵画空間は、朝から夜にかけて重なり合おうとするのだ。本来的に像を結ぶことのない、痕跡の束において。

(『美術手帖』2017年3月号「REVIEWS 10」より)

profile

なかお・たくや

美術評論家。1981年生まれ。最近の寄稿にガブリエル・オロスコ論「Reflections on the Go Board」(『Visible Labor』所収、ラットホール・ギャラリー、2016年)など。マルセル・デュシャンのチェスに関する単著を7月に刊行予定。

information

TWS-Emerging 2016
[第6期]庄司朝美

会期:2017年1月7日〜2月5日(終了)
会場:トーキョーワンダーサイト渋谷
庄司朝美は1988年生まれ。2012年多摩美術大学大学院美術研究科絵画専攻修了。7月にgallery21yo-j(東京)にて個展開催予定。
本展は、トーキョーワンダーサイトの若手作家支援プログラムの一つで公募展「トーキョーワンダーウォール」の入選者から選出された作家が展示を行う。2016年度は6期にわたり18作家が展覧会を開催し、今回取り上げたのは最終回の6期目。稲川江梨(1988年生まれ)、赤池千怜(1989年生まれ)、そして庄司朝美の3作家が展示。本レビューでは庄司のみを取り上げた。2017年度の展示については下記を参照。

【開催予定】
TWS-Emerging 2017
会期:2017年06月10日〜10月01日
会場:トーキョーワンダーサイト本郷
住所:東京都文京区本郷2-4-16
電話番号:03-5689-5331
開館時間:11:00〜19:00 (入館は閉館の30分前まで)
休館日:月(祝日の場合は翌平日)、7/10~21、8/21~9/1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします