×
NEWS / EXHIBITION - 2017.12.5

O JUN、日比野克彦、中原浩大が、みずのきの絵画と対話する

11月15日より、アール・ブリュットの考察を基本に据えた「みずのき美術館」(京都・亀岡)の開館5周年を記念した展覧会「みずのきとわたし O JUN 日比野克彦 中原浩大」が開催されている。2018年1月21日まで。

二井貞信 無題 1975 画用紙にクレパス、絵具 38.0×54.0cm みずのき美術館所蔵

 みずのき美術館は、母体である障害者支援施設「みずのき」の創立5年目に開設された絵画教室(1964〜2001)から生まれた、絵画作品の紹介を中心とした美術館。2012年の開館以降、「みずのき絵画教室」で制作された絵画作品1万点以上を所蔵するとともに、さまざまなアーティストとの企画展を行ってきた。

吉川敏明 飛行機と家 1986 画用紙にクレヨン 27.0×38.0cm みずのき美術館所蔵

 開館5周年を記念した本展には、O JUN、日比野克彦、中原浩大という、現代を代表する3名のアーティストが集まった。

 「アート表現とは何か」「アートがもたらすこととは何か」について考え続けてきたという同美術館。本展では、3名のアーティストが、知的障害のある人々が描いた絵画と出会い、それぞれの応答を提示する。

O JUN 2017 キャンバスに油彩 117×117cm 撮影=宮島径 © O JUN, Courtesy Mizuma Art Gallery

information

開館5周年記念展
「みずのきとわたし O JUN 日比野克彦 中原浩大」

会期:2017年11月15日〜2018年1月21日
会場:みずのき美術館
住所:京都府亀岡市北町 18
電話番号:0771-20-1888
開館時間:10:00〜18:00
料金:一般 400円 / 大高生 200円 / 中学生以下 無料
休館日:月、火(祝日の場合は開館)、12月30日〜1月5日

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします