×
NEWS / HEADLINE - 2017.11.21

メディアカルチャーの国際的なプラットフォームが東京に。
「MeCA」が都内各所で開催

国際交流基金アジアセンターと一般社団法人TodaysArt JAPAN / AACTOKYOは、メディアアートをはじめとする時代を牽引する芸術文化の創造・発信を目指し、アジアのメディアカルチャーを紹介する総合イベント「MeCA l Media Culture in Asia: A Transnational Platform」を2018年2月に都内各所で開催すると発表した。

坂本龍一+高谷史郎 waterstate 1(水の様態1) 2013  撮影=丸尾隆一(YCAM) 写真提供=山口情報芸術センター[YCAM]

 多様な発展を見せるアジアのメディアカルチャー。そのクリエイティブシーンに着目し、紹介するイベント「MeCA | Media Culture in Asia: A Transnational Platform」(ミーカ)が2018年2月に東京で開催される。

 MeCAは国際交流基金アジアセンターと一般社団法人TodaysArt JAPAN / AACTOKYOが共同主催するもの。

 急速な発展を続けるアジアのクリエイティブシーンに注目し、展覧会、国際シンポジウム、音楽ライブ、ワークショップやトークイベントなど6つのプログラムを通じ、アジアにおける、インターネット以降のメディアカルチャーの交流を促進。同時代の創造性と、グローバルシーンに深く根ざしたメディアカルチャーの新たなプラットフォームを創出することを目的にしている。

MeCA公式サイトより。ロゴとメインビジュアルはフィリピンのクリエイティブオフィス「Inodoro」が手がけた

 会場となるのは表参道ヒルズ スペース オーをはじめ、ラフォーレミュージアム原宿、Red Bull Studios Tokyo、WWW、WWW Xなど。

 展覧会では、山口情報芸術センター[YCAM]の委嘱作品や、東南アジアのデジタルテクノロジーを牽引するフィリピンのWSKフェスティバル、日本・フランスと文化事業「デジタル・ショック」、フランスのビエンナーレ・ネモなどから様々なメディア・アート作品が集結。坂本龍一+高谷史郎、平川紀道、Guillaume Marmin and Philippe Gordiani、Couchなど、約10組が参加予定となっている。

 また公募型キャンププログラムでは、「バイオテクノロジーとアート」をテーマに、国内外から広く参加者を募る「BioCamp: Gardens as ‘Biotechnik’」を開催。アーティスト集団・BCLのメンバーであるゲオアグ・トレメルや、Loftworkの石塚千晃らがディレクターを務め、バイオアートの第一人者として知られるジョー・デイヴィスをはじめとするアーティストや研究者が集まり、参加者とともにDIYバイオのラボやコミュニティ間の国際的なネットワーク構築を目指す。

 このほか、会期中の2月11日には国際シンポジウム「“アート&テクノロジー”ー創造・教育・アーカイブのためにー」も開催。エキソニモの赤岩やえや、WSK2017ディレクターのテンガル、YCAMエデュケーターの菅沼聖ら5名が登壇し、メディア・アートを通じた創作、教育、研究開発の国際的な状況と、情報化社会における芸術文化のプラットフォームのありかたを議論する。

 常に最新の動向を紹介してきた表参道・渋谷エリアで街を回遊しながら、最新のメディアカルチャーに触れる機会となりそうだ。

information

MeCA
Media Culture in Asia: A Transnational Platform

会期:2018年2月9日〜18日
会場:表参道ヒルズ スペースオー、ラフォーレミュージアム原宿、Red Bull Studios Tokyo、WWW、WWW Xほか
料金:500枚限定先行発売オールデイパス 1000円 / ワンデイパス 1000円  / オールデイパス 1800円 / 中学生以下無料 ※12月1日よりpeatixにて発売
そのほか音楽プログラムの日程、料金など詳細は公式サイトを参照

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします