×
NEWS / EXHIBITION - 2017.11.19

中谷芙二子が新作インスタレーションをエルメスで発表。科学者の父、宇吉郎と世代を超えた対話をする

霧のアーティストとして国際的に活動する中谷芙二子と、その父で科学者の宇吉郎の展覧会「グリーンランド」が銀座メゾンエルメス フォーラムで開催される。会期は2017年12月22日〜2018年3月4日。

中谷芙二子 Greenland Glacial Maraine Garden 1994 Nakaya Ukichirou Museum of Snow and Ice, Kaga, Japan(Permanent Installation) Photo by Tamotsu Ushiozu

 中谷宇吉郎(1900〜62)は、日本を代表する実験物理学者。36年には世界で初めて人工の雪の結晶を作り出し、科学の真理を自然と人間との共同作業に見出した。

 宇吉郎のその姿勢は33年に次女として生まれた芙二子にも大きな影響を与えた。芙二子は、66年にニューヨークの芸術と科学の協働を理念とする実験グループ「E.A.T(Experiments in Art and Technology)」に参加するほか、日本を拠点にビデオ作品の制作、発表を行う。

 芙二子の代名詞とも言える「霧の彫刻」は、70年に大阪万博ペプシ館で初めて発表され、以降世界各地で80作品を超えるインスタレーションやパフォーマンスを行っている。

中谷宇吉郎 Three-branched crystal ©️Kaga City, Nakaya Ukichiro Foundation
 

中谷芙二子 Opal Loop / Cloud Installation 1980 New York City, USA, (Collaboration with Trisha Brown Dance Company) Photo by ©Johan Elbers(June 12, 1980)

 本展では、晩年の宇吉郎が雪氷研究に打ち込んだ地、グリーンランドをタイトルに掲げ、銀座メゾンエルメスのガラスブロックを氷に見立て、室内で霧の実験に挑む新作《Glacial Fogfall》を発表。2人の作品を通して、自然を観察、記録、再生するという行為を重視する親子の、世代を超えた対話を見出すことができるだろう。

information

「グリーンランド」中谷芙二子+宇吉郎展

会期:2017年12月22日〜2018年3月4日
会場:銀座メゾンエルメス フォーラム
住所:東京都中央区銀座5-4-1 8階
電話番号:03-3569-3300
開廊時間:11:00〜20:00(日〜19:00)
休廊日:不定休(エルメス銀座店の営業時間に準ずる)

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします