×
NEWS / HEADLINE - 2017.2.15

アルチンボルドが、来る! 日本初の展覧会がついに開催

野菜や書物などを複雑に組み合わせた”寄せ絵”の肖像画で広く知られるジュゼッペ・アルチンボルド。その日本初となる展覧会が、6月20日より国立西洋美術館で開催される。

ジュゼッペ・アルチンボルド 春 1563 マドリード、王立サン・フェルナンド美術アカデミー美術館蔵 © Museo de la Real Academia de Bellas Artes de San Fernando. Madrid

 ジュゼッペ・アルチンボルド(1526〜1593)は、16世紀後半にウィーンとプラハのハプスブルク家の宮廷で活躍した、イタリア・ミラノ生まれの画家。果物や野菜、魚や書物といったモチーフを組み合わせ、寓意に満ちた肖像画を手がけたことで知られている。

 その油彩作品数は数少ないが、本展では世界各国の主要美術館から、油彩約10点を中心に水彩、素描など約100点が集結。特に、アルチンボルドの代表作である「四季」から《春》《夏》《秋》《冬》の4点が初めて並ぶことに注目したい。同作は、1563年に最初の連作が描かれ、その後数回にわたり、別バージョンが制作されている。

 「四季」は、各作品がそれぞれの季節の植物で構成されており、春から冬までが若年から老年までの世代を表している。季節を特徴づける「産物」という小さな視点で構成されながら、「季節」という大きな視点を表現する同作は、ミクロコスモスとマクロコスモスの対応、という古来の考え方に根ざしているという。

 17世紀以降、一度は時代に忘れ去られ、1930年代にシュルレアリストたちによって”再発見”されたアルチンボルド。多くの場合は「だまし絵」というコンテクストにとどまり、現代の視点から紹介されてきた。しかし、本展では、アルチンボルド芸術のもととなったレオナルド・ダ・ヴィンチのグロテスクな素描のほか、ハプスブルク家の美術工芸品などもあわせて展示することで、アルチンボルドを16世紀の文脈に置きなおし、最新の知見とともに紹介する。

ジュゼッペ・アルチンボルド 水 1566 ウィーン美術史美術館蔵
©Kunsthistorisches Museum, Wien

information

会期:2017年6月20日〜9月24日
会場:国立西洋美術館
住所:東京都台東区上野公園7-7
電話番号:03-5777-8600
開館時間:9:30〜17:30(金土〜20:00、入場は閉館の30分前まで)
休館日:月、7月18日(7月17日、8月14日、9月18日は開館)
入館料:一般 1600円 / 大学生 1200円 / 高校生 800円 / 中学生以下無料

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします