×
NEWS / EXHIBITION - 2018.1.4

片岡真実が選抜・キュレーション。京都造形芸術大学の卒業制作展が
東京都美術館で開催

京都造形芸術大学の2017年度卒業生による「KUAD ANNUAL 2018 シュレディンガーの猫」展が東京都美術館で開催。出品作の選抜・キュレーションを、森美術館チーフ・キュレーターの片岡真実が担当する。会期は2018年2月23日〜26日の4日間。

小野由理子 お供え 写真=表恒匡

 京都造形芸術大学が「KUAD ANNUAL 2018 シュレディンガーの猫」と題した展覧会を東京都美術館で開催する。

 本展は、森美術館チーフ・キュレーターで同大学大学院芸術研究科教授の片岡真実が、卒業制作および修了制作に取り組む839人の学生の中から、出展作家を制作段階で選抜・キュレーションし、ひとつのテーマ展として発表するもの。17年度の今回を初回に、21年度までの5年間、毎年継続開催する予定となっている。

小池千彩美 コス・ボンド

 第1回目の今回、片岡が掲げたテーマは「シュレディンガーの猫」。量子力学の思考の矛盾を猫の生死に置き換えて指摘した思考実験と、現代社会の複層性、不確実性を重ね合わせ、複数の価値観の共生が求められるこれからの時代に向けた新しい視点を提示する場を目指す。

 出品するのは、日本画や油画、版画、映像、染織、CGアニメーション、環境デザインやプロダクトデザインなど、幅広い分野の23名と1チーム。8月の選抜の後、片岡の制作指導を受けながら発表の準備を進めており、展覧会では成果物だけでなくリサーチや思考のプロセスを重視した展示を行う。

山本昂二朗 OLYMPUS21,230 写真=表恒匡

information

KUAD ANNUAL 2018 シュレディンガーの猫

会期:2018年2月23日〜26日
会場:東京都美術館
住所:東京都台東区上野公園8-36
電話番号:03-3823-6921
開場時間:9:30〜17:30 ※入場は閉場の30分前まで
料金:無料

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします