2018.8.15

54歳差のふたり。アニエス・ヴァルダとJRのふたり旅を描く映画『顔たち、ところどころ』が9月より公開

フランス映画界の名匠アニエス・ヴァルダと、世界各国で大型の写真インスタレーションを発表するアーティスト・JR(ジェイアール)。このふたりが共同監督し、主演も務めるドキュメンタリー映画『顔たち、ところどころ』が 2018 年9月15日より、シネスイッチ銀座、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほかにて全国順次公開される。

映画『顔たち、ところどころ』より © Agnès Varda - JR - Ciné-Tamaris - Social Animals 2016.
前へ
次へ

 フランス映画界の名匠として、またヌーヴェル・ヴァーグを代表する映画監督として知られるアニエス・ヴァルダ。そして、参加型アートプロジェクト「Inside Out」をはじめとする作品で世界的に活動するアーティスト・JR(ジェイアール)。このふたりがタッグを組んだロードムービースタイルのドキュメンタリー『顔たち、ところどころ』が9月に公開される。

映画『顔たち、ところどころ』より © Agnès Varda - JR - Ciné-Tamaris - Social Animals 2016.

 アニエス・ヴァルダは女性監督の先駆者として、カンヌ国際映画祭やアカデミー賞の名誉賞も受賞。現在、87歳(作中、現在は90歳)ながらその創作意欲は衰えることを知らない。いっぽう、自らを「photograffeur(フォトグラファー)=フォトグラファー+グラフィティ・アーティスト」と称するJRは、33歳(作中、現在は35歳)の新進気鋭だ。

 本作では、この54歳差のふたりが、JR特製のスタジオ付きトラックでフランスの田舎を巡りながら、人々とふれあい、作品をともにつくり、残していく旅の様子が、そのまま映画となっている。

映画『顔たち、ところどころ』より © Agnès Varda - JR - Ciné-Tamaris - Social Animals 2016.

 第70回カンヌ国際映画祭(2017)の最優秀ドキュメンタリー賞をはじめ、第42回トロント国際映画祭観客賞など、各国の映画祭で受賞を重ねる本作。

 世代が違うふたつの才能が、ときにぶつかりながらも、ひとつの作品をつくりあげていくプロセスを楽しみたい。

美術手帖 ID

無料会員

¥0

お気に入り登録や、マイページなど便利な機能がご利用いただけます。

プレミアム会員

¥300 / 月〜

バックナンバー閲覧など有料会員限定コンテンツがお楽しみいただけます。