NEWS / EXHIBITION - 2020.2.11

モネとマティスが描いた「もうひとつの楽園」をポーラ美術館で見る。「睡蓮」の連作11点も展示

庭を描き続けた印象派の画家・モネと、室内を飾り立てその様子を描いたフォーヴィスムの画家・マティス。このふたりに焦点を当てた展覧会「モネとマティス―もうひとつの楽園」が、箱根のポーラ美術館で開催される。会期は4月23日〜11月3日(展示替えあり)。

クロード・モネ 睡蓮の池 1899 カンヴァスに油彩 88.6×91.9cm ポーラ美術館蔵

 19世紀末に近代化するパリを離れてジヴェルニーの邸宅で理想の庭をつくり、睡蓮を主題とした連作を手がけたクロード・モネ(1840~1926)。そして、南仏に居を構え、テキスタイルや調度品を組み合わせた室内の風景を描いたアンリ・マティス(1869~1954)。

 現実世界に「楽園」をつくり出した対照的なふたりに焦点を当てる展覧会「モネとマティス―もうひとつの楽園」が、箱根のポーラ美術館で開催される。会期は4月23日~11月3日。

 本展には、国内外から約90点の作品が集結し、初期から晩年までのモネによる「睡蓮」の連作11点も展示される。また日本国内のコレクションが少なく、まとめて見られる機会の少ないマティスの油彩画約30点をはじめ、幅広いジャンルの作品を見ることができる。

クロード・モネ ジヴェルニーの積みわら 1884 カンヴァスに油彩  66.1×81.3cm ポーラ美術館蔵
クロード・モネ 睡蓮 1917-19 カンヴァスに油彩 100.0×300.0cm マルモッタン・モネ美術館蔵
Musée Marmottan Monet, Paris (C) Musée Marmottan Monet, Paris, France/Bridgeman Images

 モネはパリと郊外における近代化された風景を描き名声を得たが、フランスの各地を訪れ、戸外制作を行うなかで、都市の喧騒から遠ざかった独自の風景表現を探るようになった。周遊旅行の後、1890年にはジヴェルニーに邸宅を購入。自然のアトリエとして庭を造成し、その集大成として晩年も「睡蓮」の連作を描き続けた。

 いっぽうのマティスは、イスラム美術や日本美術に空間表現・色彩などを学び、とくにイスラム美術の画面を覆い尽くす装飾模様の表現に大きな影響を受けた。1917年にニースを訪れてからは南仏の明るい陽光に魅了され、21年以降はアパルトマンを借りて自由に室内を飾り付け、独自の探求を深めていく。そして晩年には病や戦争による疎開といった苦難に見舞われながらも、礼拝堂装飾やタペストリー、切り紙絵などを手がけた。

アンリ・マティス 立つオダリスクと火鉢 1929 カンヴァスに油彩 92.0×65.0cm
ピエール・アンド・タナ・マティス財団コレクション蔵
The Pierre and Tana Matisse Foundation Collection, New York (C) Chris Burke Studio, NY
アンリ・マティス ヴァイオリン・ケースのある室内 1918-19 カンヴァスに油彩 73.0×60.0cm ニューヨーク近代美術館蔵
The Museum of Modern Art, New York, Lillie P. Bliss Collection, 1934
(C) 2019. Digital image, The Museum of Modern Art, New York/Scala, Florence

 本展はこうしたふたりの画業を、「選び抜かれた場所」「好きなもの」「晩年のアトリエ」といったキーワードで読み解くもの。また、「国立ゴブラン製作所」でつくられたふたりの絨毯、タペストリーにもフォーカスする。

 ギュスターヴ・ジェフロワのもとでつくられたモネ《睡蓮》の絨毯に加え、マティス《リュート》(1943)と、それを元にしたタペストリー2点も紹介。同作の制作時には複製図版から下絵がつくられたため、今回はマティスの油彩画とタペストリーが一堂に会する、世界初の機会となる。

 なお、7月からはアーティゾン美術館で「クロード・モネ―風景への問いかけ」展も開催。モネの生誕180周年にあたる今年は、モネの作品を間近に見られるチャンスが増えそうだ。

アンリ・マティス リュート 1943 カンヴァスに油彩 60.0×81.5cm ポーラ美術館蔵