AdvertisementAdvertisement
MUSEUMS / GALLERIES

ポーラ美術館

神奈川

豊かな森の中にとけこむように建つポーラ美術館

光と緑あふれるエントランス

展示室 Photo: Ken KATO

森の遊歩道で常設展示するロニ・ホーン《鳥葬(箱根)》2017-18年 ©Roni Horn Photo: Nagare Satoshi

「箱根の自然と美術の共生」をコンセプトに2002年、神奈川県箱根町に開館。ポーラ創業家2代目の鈴木常司が40数年間にわたり収集した、西洋絵画、日本の洋画、日本画、版画、東洋陶磁、ガラス工芸、古今東西の化粧道具など幅広く体系的なコレクションが特徴である。モネ、ルノワール、ピカソなど印象派から20世紀にかけての西洋絵画を中心とした、国内屈指のコレクションを核とする展覧会を開催する一方で、ゲルハルト・リヒターやロニ・ホーンをはじめとした現代美術の第一線で活躍する国際的な作家たちの作品も収集・展示し、同時代の表現へと展望を拡げている。

 周囲の豊かな自然と調和し環境に寄り添うよう建てられた建築空間に加え、富士箱根伊豆国立公園の立地を生かした全長約1km「森の遊歩道」では、四季折々の自然の表情とともに屋外彫刻作品も楽しめる。