2018.8.26

蔵屋美香キュレーションの「絵と、 」。
第3回の村瀬恭子が見せる瑞々しい絵画空間とは

蔵屋美香キュレーションの連続企画「絵と、 」。絵画をテーマにした本展は、1年にわたって5人の画家を個展形式で紹介しながら「絵画が現実に関わるよりよい方法」を探っていくもの。第2回の藤城嘘に続くのは、国内外で精力的に活動を行ってきた村瀬恭子。会期は9月1日~10月27日。

村瀬恭子 アザミ 2016

 武蔵野美術大学が主体となって運営するgallery αMが、ゲストキュレーターに蔵屋美香(東京国立近代美術館企画課長)を迎え、全5回にわたって展覧会「絵と、 」を開催中。五月女哲平、藤城嘘に続く第3回は、ドイツと日本を拠点に活動する村瀬恭子を紹介する。

 村瀬は1963年岐阜県生まれ。86年に愛知県立芸術大学を卒業後、89年に同大学院を修了。90年から96年までドイツ・国立デュッセルドルフ芸術アカデミーに在籍し、在籍中の93年にはマイスター・シューラー(=ドイツの芸術系大学の最高学位)を取得した。

 近年のおもな個展に、「Drawings」(タカ・イシイギャラリー東京、2014)、「Fluttering far away」(豊田市美術館、2010)、「セミとミミズク」(ヴァンジ彫刻庭園美術館、2007)など。そのほか、国内外の美術館で開催されたグループ展にも多数参加するなど、精力的に活動を行ってきた。その作品は、東京都現代美術館、国立国際美術館、高松市美術館、東京ステーションギャラリーなどに所蔵されている。

 顔料と色鉛筆を用いて色彩を幾層に重ね、近年ではさらに花びらや雑誌の切り抜きをコラージュするなど、様々な絵画の可能性を表現し、高い評価を得てきた村瀬。本展では、描写に緻密さが増した近作を中心に展示を構成する。

美術手帖 ID

無料会員

¥0

お気に入り登録や、マイページなど便利な機能がご利用いただけます。

プレミアム会員

¥300 / 月〜

バックナンバー閲覧など有料会員限定コンテンツがお楽しみいただけます。