×
NEWS / EXHIBITION - 2017.12.11

沖縄にゆかりある作家約30名が集合。沖縄県立博物館・美術館開館10周年を記念した展覧会が開催

沖縄県立博物館・美術館で、開館10周年を記念した特別展が開催されている。美術館では、11月1日より開催中の「彷徨の海」に加えて、12月19日から「邂逅の海」がスタート。どちらの展示も2018年2月4日まで。

ジュン・グェン=ハツシバ ホー!ホー!ホー!メリー・クリスマス:イーゼル・ポイントの戦闘—メモリアル・プロジェクト沖縄 2003 courtesy of the ArtistMizuma Art Gallery, Tokyo

 2017年で開館10周年をむかえる沖縄県立博物館・美術館では、沖縄と世界をつなぎ、ときには遮断する「海」を共通テーマとした特別展を開催している。

嘉手苅史朗 interlude 2015

 現在、同美術館では、台湾との交流を歴史的な観点で紹介する展覧会「彷徨の海」を開催中。さらに12月19日からは、多彩な美術表現が交差するいまを見つめた「邂逅の海」が始まる。

ユェン・グァンミン エネルギーの風景 2014 courtesy of the artist

 「邂逅の海」に参加するのは、石田尚志、我喜屋位瑳務(がきや・いさむ)、袁廣鳴(ユェン・グァンミン)、ジュン・グエン=ハツシバ、山城えりか、山城知佳子など、沖縄にゆかりのあるアーティスト約30名。二つの展示を合わせて、合計百数十点の作品を展覧する。

 なお博物館では、沖縄と海の関わりを、さまざまな視点から考える「海の沖縄-開かれた海への挑戦-」が行われている。

山城えりか vortex 2007〜11 © Erika Yamashiro

information

開館10周年記念展
邂逅の海―交差するリアリズム
会期:2017年12月19日〜2018年2月4日
会場:沖縄県立博物館・美術館 企画ギャラリー1、2
住所:沖縄県那覇市おもろまち3丁目1番1号
電話番号:098-941-8200
開館時間:9:00〜18:00(金・土〜20:00)
料金:一般 1000円 / 大高生 600円 / 小中学生 300円
休館日:月(祝日の場合は翌平日)、2017年12月29日〜2018年1月1日
 
【同時開催】
開館10周年記念展
彷徨の海―旅する画家・南風原朝光と台湾、沖縄
会期:2017年11月1日〜2018年2月4日
会場:沖縄県立博物館・美術館 コレクションギャラリー1、2、3
 
開館10周年記念展
海の沖縄―開かれた海への挑戦
会期:2017年11月1日〜2018年1月14日
会場:沖縄県立博物館・美術館 博物館企画展示室・特別展示室1、2

event

映像アーカイヴと沖縄③ 台湾映画上映会
日時:2018年1月13日 13:30〜
場所:講堂
上映作品:黃亜歴(ホアン・ヤーリー)『日曜日の散歩者 わすれられた台湾詩人たち』
トークショー:シネマ沖縄プロデューサー・真喜屋力、美術館主任学芸員・豊見山愛
参加料:無料
 
美術館開館10周年記念シンポジウム
日時:2018年2月3日 13:30〜17:00
場所:講堂
第1部 基調講演:台湾芸術大学教授/人文学院院長・廖新田、美術館主任学芸員・豊見山愛
第2部:元美術館副館長・翁長直樹、前美術館副館長・前田比呂也
ファシリテーター:美術館副館長・池原盛浩
参加料:無料

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします