×
NEWS / EXHIBITION - 2017.8.20

テーマは「クソコラ」。村山悟郎の個展でメディアを批判的にとらえる

芸術家であり、現在、客員研究員としてウィーン大学間文化哲学研究室に所属している村山悟郎が、G/P galleryで個展を開催する。会期は9月2日〜10月1日。

村山悟郎 Assassination of A. K, p2 #0 2017 インクジェットプリント © Goro Murayama  Courtesy of G/P gallery, Tokyo

 村山悟郎は1983年東京都生まれ。2015年に東京藝術大学美術研究科博士後期課程美術専攻油画(壁画)研究領域を修了し、17年まで、文化庁新進芸術家海外研究員としてウィーンにて制作。現在は客員研究員としてウィーン大学間文化哲学研究室に所属している。

村山悟郎 Assassination of A. K, p2 #06 2017 インクジェットプリント © Goro Murayama  Courtesy of G/P gallery, Tokyo

 「監獄のファンタジー」(15年、東京)の続編にあたる本展のテーマは「クソコラ(CRAPPY COLLAGE)」。16年にトルコのギャラリーで起こったロシア駐在大使殺人事件を引用し、デジタルフォトコラージュと映像によるコラージュ作品で構成されている。

村山悟郎 Assassination of A. K, p1 #05 2017 インクジェットプリント © Goro Murayama  Courtesy of G/P gallery, Tokyo

 「政治的デモンストレーションとしてメディアを濫用しようとする暴力に、同じメディアの地平で抵抗するために、私は本展を企図する」と語る村山。メディア操作にあふれた現代の様相に批判を加える本展をとおして、メディアとそれを取り巻く状況について、改めて考える機会を提供する。

information

村山悟郎 “座って見るために、画像を解除する”

会期:2017年9月2日〜10月1日
会場:G/P gallery
住所:東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 2F
電話番号:03-5422-9331
開館時間:12:00〜20:00(10月1日〜17:00)
休廊日:月(祝日の場合は翌平日)

event

オープニングレセプション
日時:2017年9月2日 18:00〜20:00
 
トークイベント
日時:9月3日 18:00〜19:30
登壇者:Houxo Que (アーティスト)、村山悟郎
メディエーター:須賀悠介(アーティスト)
場所:G/P gallery
座席:25名
予約:サイトを確認
 
日時:10月1日 18:00〜19:30
登壇者:小山泰介(写真家)、村山悟郎
場所:G/P gallery
座席:25名
予約:サイトを確認

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします