×
NEWS / EXHIBITION - 2017.5.6

写真における「物語」。
写真評論家・清水穣による
第6回「showcase」が開催

京都のeN artsにて、写真展「showcase #6」が開催される。今回は、金サジと三田健志の2人展で、会期は2017年5月5日〜5月28日。

三田健志 On the contour line 2016 デジタルプリント 

 「showcase」は、写真評論家・清水穣のキュレーションによる、現代若手写真家の展覧会。2012年の開催以来、今年で6回目となる。今回のテーマは、写真における「語り narrative」。既視感のあるモチーフを用いて「narrative」な作品を生み出す、金サジと三田健志の2人展だ。

 どんな平凡な写真でも、「撮影時すでに末期癌だった」などの物語を付け加えれば、その写真は切ないものとなる。しかし、後付けの物語は、写真の見方に影響することはあっても、写真そのものを変化させることはない。一方で、写真をただ見ているだけで、断片的な物語が思い起こされることがある。物語は外から与えられるのではなく、写真がもつ細部が、見る者の記憶を刺激し、物語を引き出す。

金サジ 船(「物語」シリーズより) 2017 100×81cm デジタルプリント ©Sajik Kim

 金サジは、宗教や儀式、民族性といったものを組み合わせて、新しい神話を作り出す。今回は、単一の民族や純粋な神話、伝統など、人々に帰るべき場所を連想させる「STORY」シリーズと、それに関わるスナップショットを展示する。

三田健志 On the contour line 2017 デジタルプリント

 三田健志による大自然の写真は、インターネット上の写真をプリントし折り曲げて、立体的な舞台となった風景に人物を付け足したもの。冒険家となった鑑賞者は、360度のアングルを楽しみながら、その風景の中で旅をする。同時に三田は、その旅が擬似的なものだということも露わにする。

 金サジと三田健志はそれぞれ、2016年度キヤノン写真新世紀グランプリ、2015年度キヤノン写真新世紀優秀賞を受賞している。新進気鋭の2つの才能が紡ぎだす物語を楽しんでみてはいかがだろうか。

information

showcase #6 ”引用の物語 Storytelling”

会期:2017年5月5日〜5月28日
会場:eN arts
住所:京都市東山区祇園町北側627円山公園内八坂神社北側
電話番号:075-525-2355
開館時間:金、土、日 12:00〜18:00 ※月〜木は要予約

event

オープニングレセプション

日時:2017年5月5日 18:00〜20:00

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします