×
NEWS / EXHIBITION - 2017.3.13

ペンで描かれる壮大で緻密な世界 池田学展が金沢21世紀美術館へ巡回

佐賀県立美術館で3月20日まで開催中の池田学の大規模個展が、金沢21世紀美術館に巡回する。会期は4月8日〜7月9日。

《誕生》 2013-2016 © IKEDA Manabu, Courtesy Mizuma Art Gallery

 東京藝術大学の卒業制作で編みだした、丸ペンを使用した独自の細密技法で、現実を凌賀するかのような異世界の光景を描き出す池田学。その自身初の大規模個展が、出身地である佐賀の佐賀県立美術館に続き、金沢21世紀美術館で開催される。

 本展では、国内外のコレクターや美術館が所蔵する作品が集結し、池田のこれまでの画業のほぼすべてを網羅。アメリカのチェゼン美術館の滞在制作プログラムにより3年にわたって制作された新作《誕生》も展示され、初日にはその制作過程を語るアーティスト・トークも開催される。

information

会期:2017年4月8日〜7月9日
会場:金沢21世紀美術館
住所:石川県金沢市広坂1-2-1
電話番号:076-220-2800
開館時間:10:00〜18:00(金・土 〜20:00)
休館日:月(ただし5月1日は開場)
観覧料:一般 1000円 / 大学生 800円 / 小中高生 400円 / 65歳以上 800円
 
 
【関連イベント】
池田学 アーティスト・トーク
「《誕生》が誕生するまで」
 
日時:2017年4月8日 14:00〜15:30(13:45開場)
出演:池田学、内呂博之(本展担当キュレーター)
場所:金沢21世紀美術館 レクチャーホール
料金:無料
定員:80名
申込方法:ウェブサイトにて3月17日10:00より申込受付開始(先着順)

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします