AdvertisementAdvertisement
2022.12.26

武蔵美のクリエイティブイノベーション学科が初の卒業制作展。市ヶ谷キャンパスで開催へ

2019年に新設された武蔵野美術大学の造形構想学部クリエイティブイノベーション学科。その初となる卒業制作展が市ヶ谷キャンパスで開催される。会期は2023年1月20日〜22日。

武蔵野美術大学 市ヶ谷キャンパス
前へ
次へ

 2019年に新設された武蔵野美術大学の造形構想学部クリエイティブイノベーション学科。その初となる卒業制作展「武蔵野美術大学 Institute of Innovation 卒業・修了展 2022『SPARK』」が市ヶ谷キャンパスで開催される。会期は2023年1月20日〜22日。

「武蔵野美術大学 Institute of Innovation 卒業・修了展 2022」メインビジュアル

 武蔵野美術大学 造形構想学部クリエイティブイノベーション学科は、社会における様々な課題に対して主体的に課題を発見するとともに、その解決をプロジェクト型で探究。「創造的思考力」を習得することを目的に新設された学科だ。1〜2年次は、鷹の台キャンパスで美大ならではの造形教育から表現力とともにプレゼンテーションやディスカッション力、クリティカルシンキングを養成。3年次からは市ヶ谷キャンパスへ学びの場を移し、企業や自治体等と共創する社会課題解決型プロジェクトに参加しながら、「創造的思考力」によって新事業創造、イノベーションを生み出すデザインアプローチをプロフェッショナルたちと学んできた。

 本展では、クリエイティブイノベーション学科として初めてとなる卒業展を開催するとともに、同じく2019年に開設された大学院造形構想研究科造形構想専攻クリエイティブリーダーシップコースの修了展も初めて市ヶ谷キャンパスで開催される。

2021年度大学院造形構想研究科クリエイティブリーダーシップコース 修了展の様子

 本展の開催に際し、クリエイティブイノベーション学科主任教授の長谷川敦士は次のようにコメントを寄せている。「武蔵野美術大学 造形構想学部クリエイティブイノベーション学科/大学院造形構想研究科クリエイティブリーダーシップコースは、新しい課題を見出し、そこに対してプロトタイピングしていく態度で社会実装を行っていく場所です。初の市ヶ谷キャンパスでの卒業・修了展では、この探究の成果をごらんいただけます。学部では4年間の学びの集大成として、学生たちのそれぞれの視点を作品や論文のかたちにしています。修士では研究プロジェクトの成果を提示します。 社会に対して、生活に対して、そして人の創造性に対しての『問い』をかたちにし、そして未来への提言を行っている展示は、みなさんに新しい視点を提供できるでしょう」。

 また、本展学生実行委員も次のように意気込みを述べている。「4年前に創設されたクリエイティブイノベーション学科、大学院クリエイティブリーダーシップコースの、市ヶ谷キャンパスでの最初の卒業・修了展を開催できることを光栄に思っています。コンセプトに設定した『SPARK』は、異なるバックグラウンドを持った学生同士の創発や、未踏の領域へ痕跡を残すという意味を込めました。展示会は本学科の特徴である、『創造的思考力』を存分に表現したものになっています。アートやデザインの創造活動に留まらず、社会に密接に関わっていく産学連携プロジェクトや学術研究の展示など、武蔵野美術大学としての新しい側面を感じていただけると思います。ぜひ、多くの方に来場いただき、私たちの多様な表現と社会への可能性を感じていただきたいです」。

 ほかにも会期中には、オープニングセレモニーや展示ツアー、オンラインでの作品プレゼンテーションなど様々な関連イベントも実施予定だ。本展に足を運ぶ際はこちらもあわせて参加してみてほしい。