2021.11.18

オンラインシンポジウム「女性と性表現―表現者・ファンの視点から―」開催へ。「女性表現者の性表現」などテーマに議論

女性表現者の自由研究会は、11月28日、12月5日の2日間にわたってオンラインシンポジウム「女性と性表現―表現者・ファンの視点から―」を開催すると発表した。「女性表現者の性表現」などテーマに議論するという。

 

 女性表現者の自由研究会は、女性と性表現をとりまく歴史と現状を問い直すオンラインシンポジウム「女性と性表現―表現者・ファンの視点から―」を11月28日、12月5日の2日にわたって開催すると発表した。時間は両日とも17:00〜20:00。

 本シンポジウムは「現状編」「歴史編」の全2回。各回3人の登壇者が各30分の発表を行った後、参加者を交えたディスカッションの時間を設ける。

 第1回「現状編」においては、xR デザイナーでVTuberのよーへん、デザイナー・アートディレクターで女子現代メディア文化研究会代表でもある山田久美子、現代美術家で文筆家の柴田英里がそれぞれ登壇。「VTuber、バーチャル世界のジェンダー・セクシュアリティ」「女子差別撤廃条約と女性の性表現」「インターネットにおける女性表象炎上とフェミニズム」についての発表など、現在、主にインターネット上で起こっている女性と性表現の問題を取り上げる。

 第2回「歴史編」では、ライターで東京女子エロ画祭を主宰する神田つばき、明治大学国際日本学部教授でマンガ研究者・藤本由香里、石橋財団アーティゾン美術館副館長でジェンダーがテーマの展覧会企画も多く行う笠原美智子が参加し、それぞれ「AV業界で働く女性、『エロス』を表現する女性のリアリティ」「少女漫画における女性作家・女性読者の欲望」「『ジェンダー写真』・セクシュアリティの表現史」について発表し、性表現を行う・受容する女性たちのリアリティと歴史に関してディスカッションをする。

 チケットは現在Peatixにて販売中。

美術手帖 ID

無料会員

¥0

お気に入り登録や、マイページなど便利な機能がご利用いただけます。

プレミアム会員

¥300 / 月〜

バックナンバー閲覧など有料会員限定コンテンツがお楽しみいただけます。