AdvertisementAdvertisement
2024.2.10

ポケモン×工芸展、MOA美術館(熱海)に巡回決定

2023年に金沢の国立工芸館で開催され話題を集めた「ポケモン×工芸展 ─美とわざの大発見─」が、静岡・熱海のMOA美術館に巡回する。会期は7月6日〜9月9日。

国立工芸館(金沢)の展示風景より
前へ
次へ

 2023年に金沢の国立工芸館で開催され話題を集めた「ポケモン×工芸展 ─美とわざの大発見─」が、静岡・熱海のMOA美術館に巡回することとなった。会期は7月6日〜9月9日。

 同展は、「ポケモン」と「工芸」ををかけわせるという「かがく反応」を楽しめる企画展。人間国宝を含む20名の作家がポケモンというモチーフに挑み誕生した約70体の「工芸ポケモン」が展示される。作品はすべて本展のためにつくられた新作だ。

 参加作家は池田晃将、池本一三、今井完眞、植葉香澄、桂盛仁、桑田卓郎、小宮康義、城間栄市、須藤玲子、田口義明、田中信行、坪島悠貴、新實広記、林茂樹、葉山有樹、福田亨、桝本佳子、水橋さおり、満田晴穂、吉田泰一郎。

 MOA美術館でも大きな注目を集めることとなるだろう。

国立工芸館(金沢)の展示風景より