NEWS / EXHIBITION - 2019.3.15

江口寿史が40年にわたって追い求めてきた「彼女」たち。明石市立文化博物館で開催の展覧会をチェック

『ストップ!!ひばりくん!』などのマンガでデビューし、近年はイラストレーションを多く手がける江口寿史。今回、江口による少女・女性像を集めた約300点でその世界を紹介する展覧会「江口寿史イラストレーション展 彼女」が、兵庫・明石市立文化博物館で開催される。会期は4月6日〜5月19日。

銀杏BOYZ『君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命』CDジャケット 2005 ©2019 Eguchi Hisashi

 ポップな画風でジャンルの垣根を越え、サブカルチャーに大きな影響を与えてきたマンガ家・イラストレーターの江口寿史による展覧会「彼女」が、兵庫・明石市立文化博物館で開催される。

 江口は1956年生まれ、77年に『恐るべき子どもたち』でデビュー。同年の初連載作『すすめ!!パイレーツ』や81年の『ストップ!!ひばりくん!』は大ヒットとなり、日本のギャグマンガを革新した。

『Number 932号』 ⻁ジョ 2017 ©2019 Eguchi Hisashi

 その後、少ない線で立体感や質感を表現するポップな画風やデザインセンスを活かし、90年代からはイラストレーションの世界で活躍してきた江口。92年にはファミリーレストラン「デニーズ」のメニューブックなどを手がけたほか、2015年には炭酸飲料「マッチ」の広告イラストが話題となった。

Shiggy Jr.『ALL ABOUT POP』(通常盤)CDジャケット 2016 ©2019 Eguchi Hisashi

 江口の特徴と言えば、キュートでクールな少女・女性像の数々だ。本展では、江口が40年にわたって追い求めてきた「女性の美」を、新作を含む約300点のイラストで紹介。現代を生きる女性のリアルな姿を描いた作品には、その時々の流行や若者の生き方など、時代の形も見て取ることができる。

 なお本展では、抽選に当選した女性20名の肖像を、江口がその場で描くイベント「ライブスケッチ」も開催。ぜひ江口に描いてもらいたい、という女性は申し込んでみてはいかがだろうか。

『イラストレーション 221号』 表紙 2019 ©2019 Eguchi Hisashi