NEWS / EXHIBITION - 2018.7.15

梅沢和木とTAKU OBATAによる
「超えてゆく風景」展が開催。
重力や伝統から解放された
作品空間に「時代精神」を見る

美術家・梅沢和木と彫刻家・TAKU OBATAによる展覧会「超えてゆく風景」が東京・外苑前のワタリウム美術館で開催される。本展は、現実空間とデータの中の世界を自由に行き来する行為によって、重力や伝統から解放された2名の作品を展示するもの。会期は9月1日〜12月2日。

TAKU OBATA  B-GIRL Down jacket NAGAME 2016

TAKU OBATA  B-GIRL Down jacket NAGAME 2016

 梅沢和木とTAKU OBATAによる展覧会「超えてゆく風景」が東京・外苑前のワタリウム美術館で開催される。両者はともに2000年以降に活動をスタートした気鋭の美術家だ。

 梅沢の制作プロセスは、インターネット上の画像のコラージュを印刷した平面の上から、アクリル絵具などで加筆することによって、画面に複雑さを与えていくというもの。「画像」「現実」を自在に行き来する中で生み出されるカオスな「絵画」はつねに注目を集めてきた。

梅沢和木 神鬼勃ツ三千世界之画像海 2016

 いっぽうのTAKU OBATAは、自らが「B-BOY」である経験を生かし、その身体表現技術や躍動を「木彫」というクラシックな手法によって表現する彫刻家。B-BOYの彫刻で構成される空間や、台座の無い木彫というスタイルで示される「人体」「衣服」の関係性は、ユニークでありながら緊張感と迫力にあふれる。

 本展では、会期スタート後に梅沢による新作も追加されるという。現実空間とデータの中の世界を自由に行き来し、重力や伝統から解放されることによって展開される2名の作品。その作品空間に「超えてゆく風景」を見たい。

TAKU OBATA  B-BOY AllDown Quinacridone 2018